『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』吉田凜音&久間田琳加インタビュー

2018.10.29

20181029_nu_01

 

現役女子高生アーティストの吉田凜音、女子高生人気モデルの久間田琳加、プライベートでも仲のよい二人のW主演で、原宿で夢を追う読者モデルユニット「ヌヌ子」を演じた映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』。キュートな双子コーデで原宿を闊歩するヌヌ子を演じた吉田凜音と久間田琳加の二人に、初主演映画となった今作についてインタビューを行った。

 

脚本を読んだ時の感想を教えてください。

■久間田琳加:私たちは普段からプライベートで原宿によく行くんです。だから、その原宿が舞台ということで、等身大の自分たちを描いた作品になるのかなと思って、すごくワクワクしました。

■吉田凜音:里奈と葵という役のそれぞれが久間田琳加と吉田凜音に似ているなと思いましたね。自分たちもよく行く原宿が舞台だし、プライベートでも仲のよい二人が本当に物語になったような脚本だったので、演じるのが楽しみでしたね。

 

撮影前のリハーサルはどのくらいしたのでしょうか?

■久間田琳加:クランクインの前に監督と1週間くらいかけて一緒にリハーサルをしました。二人ともお互いに初主演になるので、丁寧にていねいに作っていきました。撮影期間も2週間と限られていて、その短期間のなかでどれだけの力を出せるかが勝負だったので、リハーサルはしっかりしました。

■吉田凜音:撮影も順撮りではなかったので、気持ちの入れ方とかも、そこで稽古しましたね。

 

お互いに自分に似たキャラクターだということですが、役作りはどのようにしたのでしょうか?

■吉田凜音:葵は天真爛漫な子なので、顔の表情には気をつけていたりしましたね。悲しい時はすごく悲しいし、笑う時は大きな笑顔で、っていう感じですね。

■久間田琳加:最初の方は葵といる時にすごく楽しそうなんですけど、途中から二人の関係が変わってきて笑顔がなくなってくる役なので、気持ちの入れ替えがすごく大事だなと思っていました。だから常に気を張っていたように思います。

 

撮影で大変だったシーンはどこですか?

■吉田凜音:やっぱり池の前で喧嘩をしてビンタしあうシーンですね。私たちは中学二年生の頃から仲がいいんですけど、まったく喧嘩をしたことがなかったんです。だから喧嘩のシーンは大変でしたね。

■久間田琳加:撮影前に「本気できていいよ」って言って、本気でビンタし合いました。

■吉田凜音:その後私は池に入るシーンがあったんですけど、その撮影もめちゃめちゃ大変でした(笑)。

 

お話を聞いていると、お二人はすごく仲がいいと伝わってきます。一緒に映画に初主演できるということをどう思いましたか?

■吉田凜音:先に琳加が里奈を演じることが決まっていて、私はオーディションだったんです。葵役は絶対に私じゃないとダメだって思いでオーディションに挑んだので、決まった時はめちゃめちゃうれしかったです。

 

オーディションの時は実際に仲が良いこともアピールされたのでしょうか?

■吉田凜音:でも、1回目のオーディションでは監督たちにすっごくやる気がない子だと思われたみたいで、後から「あまりにもやる気がなさそうなので帰そうかと思った」って言われたんですよ。自分ではめちゃめちゃ本気でやってたんですけど。なんでなんですかね?

■久間田琳加:誤解されがちなんだよね(笑)。

■吉田凜音:でも2回目のオーディションでは琳加も一緒にいてくれて、それで二人で一緒に台本を見ながらシーンを演じたんですけど、その時は褒めてもらえました(笑)。

 

琳加さんは凜音さんが葵役に決まったと聞いてどう思いました?

■久間田琳加:心強いなって本当にうれしかったですね。初の主演映画で、どう乗り越えていこうかと思っていたんで、心強かったです。普段から仲のいい友達と一つの作品を作り上げられるっていうのは、本当に奇跡に近いなって思います。

 

劇中に「どういう思いで仕事に臨んでいますか?」というセリフがありましたが、お二人はそれぞれどういう思いでそれぞれの仕事に臨んでいますか?

■吉田凜音:私は音楽を中心に、女優とかの表現する仕事をやっていきたいと思っているんです。それで私の音楽が皆さんに認めていただけるようにしていきたいと思っています。今回、女優として濃い2週間を過ごしたんですけど、何かを表現するという意味では女優業も音楽業も似ていると思いましたね。自分の表現をみんなに見てもらって楽しんでもらえるとうれしいですね。

■久間田琳加:私は後悔するのが嫌で、一つひとつの仕事にちゃんと準備をしていって、常に100%の力で仕事に臨みたいと思っています。好きだから自然と努力ができるというか…。モデルのお仕事も女優のお仕事もそうですけど、スタッフさんがすべての準備をしてくれたうえで、私たちが最後の仕上げをすることになるので、そのスタッフさんたちの準備を自分のせいでダメにしたくないってどの現場でも感じます。支えてくださっている周りの方たちのためにも、常に100%の力を出しきりたいと思います。

 

吉田凜音さん、久間田琳加さん、お互いに、どういう女優さんだと思いますか?

■吉田凜音:琳加は切り替えがすごいんですよね。プライベートではすごく長く知ってるんですけど、今回の2週間では琳加が仕事をしているところを初めてみた部分もあって。プライベートの琳加と女優の久間田琳加をパッと切り替えて、女優として頑張っているところを見て刺激を受けましたね。

■久間田琳加:凜音はすごく落ち着いてるんですよね。いい意味であんまり緊張することもなくて、難しいシーンでも自然体でできちゃうんです。私に足りないところを凜音が補ってくれている感じがありましたね。

■吉田凜音:すごいいいこと言ってくれた!(笑) 私落ち着いてるかな?

■久間田琳加:なんかね、冷静なんだよね(笑)。焦るっていうことがあんまりないよね。

 

お二人は女優、モデル、アーティストなどさまざまな活躍をされていますが、将来的にはどのように活動していきたいと思っていますか?

■吉田凜音:私は自分の意志を持ってそれを音楽として発信していくアーティストになりたいと思っています。それで吉田凜音の音楽をいろんな人に届けて表現していくためにも、女優業などもやっていきたいですね。

■久間田琳加:私は今モデルを中心にお仕事をさせていただいてるんですが、高校生の間にお仕事の幅がぐんと広がったなと感じています。今はどのお仕事もすごく楽しいので、今の気持ちを大事にしてずっとやっていければいいなと思っています。

 

劇中の双子コーデ衣装でスタジオに現れた二人。インタビューに答えながらも笑いあったり頷きあったりし、二人が本当に仲が良いことが感じられた。実際に原宿にもよく行きスイーツを食べたりするという二人の言葉から、『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』がリアルな今の原宿の空気をとらえている理由が納得できたインタビューとなった。

 

【取材・文】松村知恵美

ヌヌ子の聖★戦〜HARAJUKU STORY〜

公開日2018年11月16日
劇場全国にて
配給SAIGATE Inc.、U.F.O.カンパニー
公式HPhttps://www.saigate.com/funding/nunuko/

(C) 2018 SAIGATE Inc.



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
山田孝之&佐藤健がまさかのセルフィー撮影!!原作愛と兄弟愛に満ちた舞台挨拶で完成を祝う!!『ハード・コア』公開直前!! 完成披露上映会

2018.11.16

全世界を感動の渦に包んだアリーのドラマ、そして圧巻の歌声に思わず感涙!!感動の本予告&本ポスター解禁!!『アリー/ スター誕生』

2018.11.16

シルベスター・スタローンとドルフ・ラングレンが33年振りに“ロッキーとドラゴ”としてニューヨークで集結!最注目俳優のマイケル・B・ジョーダンは大坂なおみにラブコール!豪華キャスト登壇のワールドプレミア開催『クリード 炎の宿敵』ワールドプレミア

2018.11.16

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
エマ・ストーン、『女王陛下のお気に入り』でのヌードシーンを自ら志願

2018.11.17

ジョニー・リー・ミラーとコモンが共演へ

2018.11.17

チャンス・ザ・ラッパー、新作映画に参加へ

2018.11.16

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『インクレディブル・ファミリー』オリジナルノートブック&クリアファイルセット

グッズ2名様

『インクレディブル・ファミリー』オリジナルノートブック&クリアファイルセット
『アリー/ スター誕生』ジャパンプレミア レッドカーペットイベント招待プレゼント

その他10組20名様

『アリー/ スター誕生』ジャパンプレミア レッドカーペットイベント招待プレゼント

プレゼント一覧


TOP