上映中

カニバ/パリ人肉事件38年目の真実 R-15

驚愕と震撼に満ちた事件の全貌が明かされる

上映スケジュール
カニバ/パリ人肉事件38年目の真実



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

カニバ/パリ人肉事件38年目の真実

1981年、パリ留学中の日本人男性・佐川一政が、オランダ人女性を殺害してその遺体を食すという衝撃的な事件が起きた。帰国後、佐川は異端の文筆家として注目を集めメディアにも度々登場するが、2000年代半ば以降は表舞台から姿を消していた。2013年に脳梗塞で倒れて歩行が困難になってからは、実弟の介護を受けながら年金暮らしを送っている。そんな佐川を、フランスの撮影クルーが2015年6月から約1カ月間にわたって密着する。


解説

1981年に起きた「パリ人肉事件」の犯人・佐川一政の現在にスポットを当てたドキュメンタリー。世間を騒がせた猟奇的な事件から30年の時日が流れ、2013年に脳梗塞で倒れてから、実弟の介護を受けつつ暮らす佐川に密着する。約1カ月にわたりカメラを向けたのは、フランスの撮影クルー。奇妙な弟との関係性を浮き彫りにしながら、過去の事件を通して佐川の心の奥にある“カニバリズム”について追及する。果たして何が語られるのか、興味は尽きない。監督は、2012年の海洋ドキュメンタリー『リヴァイアサン』で第65回ロカルノ国際映画祭国際映画批評家連盟賞を受賞した、ヴェレナ・パラヴェルとルーシァン・キャスティーヌ=テイラー。衝撃の本作を配給する、映画会社の勇気を買いたい。


公開日2019年7月12日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて
配給TOCANA
制作国フランス=アメリカ (2017)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督・撮影・編集・製作:ルーシァン・キャステーヌ=テイラー/ヴェレナ・パラヴェル
出演:佐川一政/佐川純/里見瑤子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP