いつか来た道('59)

ウィーン少年合唱団の二度目の来日記念映画

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

池田さやは甲府市外で葡萄園を経営している。両親を失って以来、祖父と弟・稔、妹・みよたちの母がわりで生きてきた。稔は身体障害者だった。生きる自信を与えたいと、さやは彼に有名な音楽教室でバイオリンを習わせた。音楽家を志した父の遺志もあった。点字楽譜を作ったりした彼女の努力はむくわれ、稔は腕を上げていった。さやには二人の理解者がいた。市役所の観光課につとめる実直な青年・小倉と、葡萄酒社の若主人野口である。−−ある日、稔はみよと兄妹げんかをした。みよが亡父のバイオリンにさわったからだ。彼女が野口にバイオリンを習い始めたのを知らなかった。さやは配水場の中で無心に弓を動かす妹を見つけた。みよはさやの愛情が兄だけに注がれるのが淋しかったのだ。さやは稔に気をかねて、みよのバイオリンをやめさせようとした。


解説

ウィーン少年合唱団の二度目の来日を記念して製作された音楽映画で、「女の教室」の共同執筆者・長谷川公之と島耕二のオリジナル・シナリオを、「細雪(1959)」のコンビの島耕二が監督し、小原譲治が撮影した。ウィーン少年合唱団が出演している。


配給-
制作国日本 (1959)
ジャンルMusic/ミュージカル 
スタッフ・キャスト監督:島耕二
出演:山本富士子/和波孝禧/黒岩かをる/小川虎之助/小林勝彦/片山明彦


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
山本富士子 (Yamamoto Fujiko)池田さや
和波孝禧弟稔
黒岩かをる妹みよ
小川虎之助祖父源太郎
小林勝彦小倉二郎
片山明彦野口時男
見明凡太朗 (Bontaro Miake)井上医師
北原義郎市川
杉田康楽友会委員A
中条静夫楽友会委員B
酒井三郎楽友会委員C
袴光男楽友会委員D
花野富夫楽友会委員E
南左斗子楽友会女子委員A
井上信彦新聞記者
中田勉郵便配達
小杉光史作男
八潮悠子野口の妻清子
夏木章キャメラマン
渡辺久雄葡萄組合青年部員
伊東光一プロモーター
若松健進行係
若林祥二アナウンサー
大山健二音楽学校長
白井玲子看護婦
此木透交通公社庶務課長
ワルター・タウチニッキウィーン少年合唱団団長
ベルダ・鰐淵通訳
シュタットマン・ボルフガングヨハン少年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP