春爛漫狸祭

木村恵吾がみずから脚本を書き監督した作品

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

狸御殿の主、満壽妃にはとどろ姫、きらら姫というわがまま娘と、夕月姫というやさしい娘があった。夕月姫は継子で、母や姉娘にいじめられ、いつも森にいっては河童や蛙たちと時をすごした。満壽妃はかねて名門の小皷山家の若殿狸吉郎をわが娘の婿に迎えたく思い、狸御殿の狸祭りに招待して、うまく二人の姫のどちらかにめあわせようとはかった。いよいよ狸祭りは開かれ狸御殿は大さわぎ。狸吉郎も招待されてやって来た。とどろ姫ときらら姫は夢中になって狸吉郎につきまとう。だが狸吉郎はつつましく美しい夕月姫と一度踊ってから夕月姫を忘れられぬ。それを知った満壽妃は夕月姫をだまして早老酒をのませ、夕月姫は一ぺんに老婆となり、なげき悲しんで森へいってしまう。


解説

「夜の門」につぐ木村恵吾がみずから脚本を書き監督した。撮影は「夜の門」の牧田行正で、作詞は新東宝の「あの夢この歌」の原作をした西條八十がつくる。主演は「木曽の天狗」の喜多川千鶴と、東宝の「風車」以来で、終戦後第一回の明日待子。それに「かくて忍術映画は終わりぬ」の杉狂児および日高澄子「Zの戦慄」の野々宮由紀が助演している。


配給-
制作国日本 (1948)
ジャンルドラマ 
スタッフ・キャスト監督:木村恵吾
出演:喜多川千鶴/草笛美子/暁テル子/萩町子


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
作詞

キャスト

俳優名役名
喜多川千鶴狸吉郎
草笛美子満壽妃
暁テル子とどろ姫
萩町子きらら姫
明日待子夕月姫
杉狂児家老狸左衛門
野々宮由紀腰元葛の葉
丸山英子腰元落葉
日高澄子ルリ娘
笠置シヅ子タララ娘
豆千代会津姫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
『めんたいぴりり』 博多華丸インタビュー

2019.01.16

『寝ても覚めても』唐田えりか、千葉県君津で凱旋上映!故郷に錦を飾る!「マザー牧場でスカウトしてもらってからずっと運のいい人生を送っている」

2019.01.16

『アクアマン』ファン代表 関口メンディーも大絶賛! <今まで見たことない>海底都市映像 初解禁!!

2019.01.16

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
アン・ハサウェイ、トッド・ヘインズ監督作に出演へ

2019.01.16

ヘンリー・ウィンクラー、ウェス・アンダーソン監督作に出演へ

2019.01.16

『ROMA/ローマ』、放送映画批評家協会賞で最多4冠

2019.01.16

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆

TOP