ニューヨークの巴里夫(パリジャン) PG-12

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

40歳になったグザヴィエ(ロマン・デュリス)は、妻ウェンディ(ケリー・ライリー)と2人の子どもに囲まれ、小説家としてパリで順調な生活を送っていた。だが、かつての留学仲間でレズビアンのイザベル(セシル・ドゥ・フランス)から頼まれて精子提供したことがウェンディに知られ、気まずい雰囲気に。その上、ニューヨーク出張から戻ったウェンディが“好きな人ができた”と衝撃の告白。子どもを連れて恋人の元へ引っ越して行ってしまう。淋しい独り暮らしを送るグザヴィエだったが、“子どもをセレブの学校へ通わせたい”というウェンディの相談に、“教育方針が合わない”と激怒。恋人のジュー(サンドリーヌ・ホルト)と暮らす妊娠中のイザベルを頼ってニューヨークへ向かう。だが、ウェンディと子どもが暮らす家を訪れてみると、そこはセントラルパークを見下ろす超高級アパート。ウェンディの恋人ジョン(ピーター・ハーマン)は、ウォール街のやり手金融マンで、子どもたちも優しいいい男だった。片言の英語しか話せないグザヴィエは惨めな気分に陥るが、子どもたちと一緒に過ごそうと、しばらくニューヨークで暮らすことを決意。ビザ取得の相談に訪れた弁護士からは“定職に就くこと”、“可能であれば偽装結婚してグリーンカードを手に入れるように”とのアドバイスを受ける。何とか自転車メッセンジャーの職を得て、中国人のタクシー運転手の姪と偽装結婚も完了。ジューからチャイナタウンの部屋を借りて生活拠点も手に入れたが、疑惑を抱いた移民局員からは再三の呼び出し。その上、イザベルはベビーシッターとの浮気を告白してくる。ジューに対して後ろめたく思いつつ、部屋を貸したり、子どもを預かったりと、イザベルの浮気に加担するグザヴィエ。そこへ、かつての恋人マルティーヌ(オドレイ・トトゥ)が現れたことから、グザヴィエの人生はますます混迷を極めることに……。


解説

セドリック・クラピッシュ監督が「スパニッシュ・アパートメント」、「ロシアン・ドールズ」に続いて、ロマン・デュリス演じるフランス人青年グザヴィエの悩み多き人生を綴ったシリーズ完結編。共演は「ムード・インディゴ うたかたの日々」のオドレイ・トトゥ、「ヒア アフター」のセシル・ドゥ・フランス。


公開日2014年12月6日より
配給彩プロ
制作国フランス アメリカ ベルギー (2013)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブプロデューサー
プロデューサー
撮影
美術
音楽
編集
衣裳デザイン

キャスト

俳優名役名
ロマン・デュリス (Romain Duris)Xavier Rousseau (グザヴィエ・ルソー)
オドレイ・トトゥ (Audrey Tautou)Martine (マルティーヌ)
セシル・ドゥ・フランス (Cecile De France)Isabelle (イザベル)
ケリー・ライリー (Kelly Reilly)Wendy (ウェンディ)
ピーター・ハーマン (Peter Hermann)John (ジョン)
サンドリーヌ・ホルト (Sandrine Holt)Ju (ジュー)
マルゴー・マンサール (Margaux Mansart)Mia (ミア)
パブロ・ジェイコブ (Pablo Mugnier-Jacob)Tom (トム)
フローラ・ボナベンチュラ (Flore Bonaventura)la babysitter (ベビーシッター)
ブノワ・ジャコ (Benoit Jacquot)le pere de Xavier (グザヴィエの父)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP