トム・アット・ザ・ファーム

愛と嘘と絶望に屈服する心

上映スケジュール
トム・アット・ザ・ファーム
トム・アット・ザ・ファーム
トム・アット・ザ・ファーム



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

トム・アット・ザ・ファーム

突然死んでしまった恋人ギョームの葬儀に出席するために、トムはモントリオールからギョームの実家のある片田舎に向かう。友人の訪問を喜びつつ、ガールフレンドが来ないことに腹を立てる母親アガットの態度から、生前のギョームが、ゲイの恋人である自分の存在を隠していたことに気づき、トムは愕然とする。弟の秘密を知る高圧的な兄フランシスは、母のために嘘をつき通し、友人として振る舞うよう命じるのだった。


解説

これは怖い。暴力に怯え、恋人の嘘に打ちのめされ、さらには罪悪感と無力感に苛まれる心の変遷がスリリングに展開する。初監督作『マイ・マザー』や『わたしはロランス』でカンヌを沸かせた若き天才グザヴィエ・ドランが、第70回ベネチア国際映画祭で絶賛され、国際批評家連盟賞を受賞した本作。カナダの劇作家ミシェル・マルク・ブシャールの戯曲を、ブシャール本人と共同で脚色し、自ら主演もつとめている。自伝的色合いが強い過去の作品よりも抑制を利かせてはいるが、冴え渡る映像センスに加え、名匠ガブリエル・ヤレドの音楽を得て、完成度の高いサイコホラーが誕生した。美しく官能的なフランシスとトムのタンゴ・シーンは圧巻。


公開日2014年10月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか全国にて順次公開
配給アップリンク
制作国カナダ=フランス (2013)
ジャンルスリラー/サスペンス 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督・脚本:グザヴィエ・ドラン
出演:グザヴィエ・ドラン/ピエール=イヴ・カルディナル/リズ・ロワ/エヴリーヌ・ブロシュ/マニュエル・ダトロス/ジャック・ラヴァレー/アン・キャロン


スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブ・プロデューサー
製作
プロデューサー
撮影監督
美術
音楽
編集
音響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP