レッド・ファミリー

北朝鮮スパイが演じるニセ家族の決断とは

上映スケジュール
レッド・ファミリー
レッド・ファミリー
レッド・ファミリー



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

レッド・ファミリー

仲睦まじい4人家族。実は彼らは、韓国国内で任務を遂行する4人の北朝鮮スパイたち。理想の家族を演じながらも、互いを監視し合い、馴れ合う事の許されないニセ家族だ。そんな彼らの隣に住むのは、昼夜問わず犬も食わない喧嘩を繰り広げる一家。「資本主義のバカども」と毒づきながらも、偽りのない感情をぶつけ合うその姿に、次第に心を動かされてゆく。そして任務そのものに疑問を感じ始める。そんな時、夫役のキムの妻と子が脱国に失敗したことが判明し…。


解説

鬼才キム・ギドクがエグゼクティブ・プロデューサーと脚本、編集を務め、2013年東京国際映画祭で観客賞を受賞した注目作。幸せな暮らしを送っているかに見えるが実は北朝鮮工作員による擬似家族と、その隣人でケンカの絶えない韓国人家族という対照的な2つの家族の交流を描いている。隣人の家族とふれあい、次第に彼らに憧れを抱くも、そのことがきっかけで運命を狂わせていく姿がなんとも皮肉だ。非常に繊細なテーマを扱いながら、クスっと笑えるシーンあり、涙を誘うシーンありで一級のエンタテインメントに仕上がっている。そう、荒唐無稽なコメディだと思っていると、先の読めないサスペンスに見えてくる。衝撃のラストに唖然とするか、感動させられるか。観る人次第だ。


公開日2014年10月4日より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開
配給ギャガ
制作国韓国 (2013)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督:イ・ジュヒョン
出演:キム・ユミ/チョン・ウ/ソン・ビョンホ/パク・ソヨン


スタッフ

監督
原案
エグゼクティブ・プロデューサー
プロデューサー
撮影監督
美術
音楽
録音
照明
編集
衣装
視覚効果
字幕

キャスト

俳優名役名
キム・ユミ (Kim Yu-mi)
ソン・ビョンホ (Son Pyeong-ho)
チョン・ウ (Jeong U)
パク・ソヨン (Soyon Park)
パク・ビョンウン
カン・ウンジン (Eunjin Kang)
パク・ミョンシン (Park Myeong-shin)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP