ニンフォマニアック Vol.2 R-18

色情狂の女性、その人生の行き着く果ては

上映スケジュール
ニンフォマニアック Vol.2
ニンフォマニアック Vol.2



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ニンフォマニアック Vol.2

かつて処女を捧げた男ジェロームと再会したジョーは、彼の子供を身ごもる。共同生活をスタートさせ、赤ん坊をマルセルと名づけた。その一方でジョーはさらに過激なセックスを求め、ジェロームも浮気を容認する。欲望をエスカレートさせたジョーは、非合法のセラピーを行うサディスト・Kに縄で拘束され、鞭で打たれる。ジェロームは愛想を尽かし、マルセルを連れて去っていった。そして数年後、ジョーは度重なる被虐行為でダメージを受けていた…。


解説

カンヌ国際映画祭パルム・ドールを獲得した『ダンサー・イン・ザ・ダーク』をはじめ、新作を発表するたびその衝撃的な内容が物議を醸すラース・フォン・トリアー監督。そんな彼の最新の問題作は、過剰にセックスを求め色情狂を自認する女性の経歴を詩的かつ滑稽に描いたドラマだ。8つの章立てを2部作に分けたうちの、第6〜8章にあたる後編。絶望のどん底に落ちたヒロインの告白による回想形式で構成されたストーリーは、時にファンタジー、時にコメディと変幻自在に変貌、トリアー監督のストーリーテラーぶりが発揮されている。そんな後編でも、ジェイミー・ベル、ウィレム・デフォー、ジャン=マルク・バールといった個性派俳優の怪演から目が離せない。


公開日2014年11月1日より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町・渋谷ほか全国にて順次公開
配給ブロードメディア・スタジオ
制作国デンマーク=ドイツ=フランスほか (2013)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督・脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:シャルロット・ゲンズブール/ステラン・スカルスガルド/ステイシー・マーティン/シャイア・ラブーフ/クリスチャン・スレイター


スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブプロデューサー
製作
共同製作
撮影
プロダクション・デザイン
音楽監修
衣裳デザイン
キャスティング
字幕

キャスト

俳優名役名
シャルロット・ゲンズブール (Charlotte Gainsbourg)Joe (ジョー)
ステラン・スカルスガルド (Stellan Skarsgard)Seligman (セリグマン)
ステイシー・マーティン (Stacy Martin)Young Joe (若き日のジョー)
シャイア・ラブーフ (Shia LaBeouf)Jerome (ジェローム)
クリスチャン・スレーター (Christian Slater)Joe's Father (ジョーの父親)
ジェイミー・ベル (Jamie Bell)K (ケー)
ユマ・サーマン (Uma Thurman)Mrs.H (エイチ夫人)
ウィレム・デフォー (Willem Dafoe)L (エル)
ミア・ゴス (Mia Goth)P (ピー)
ソフィ・ケネディ・クラーク (Sophie Kennedy Clark)B (ビー)
コニー・ニールセン (Connie Nielsen)Joe's Mother (ジョーの母親)
ジャン・マルク・バール (Jean-Marc Barr)Debtor gentleman (債務者の紳士)
ウド・キアー (Udo Kier)The Waiter (ウェイター)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP