消えたシモン・ヴェルネール

ファブリス・ゴベールの監督デビュー作

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

パリ郊外。パーティーに集まった若者たちが、森で死体を発見する。その2週間前、シモン・ヴェルネールという名の高校生が失踪していた。教室からは血痕が発見され、捜査が開始されるが、それから数日も経たないうちに、再び同じクラスの女生徒レティシアが失踪する。シモンとレティシアの間に特別な関係はなく、心当たりのある者もいない。そしてその翌日、さらに別の生徒ジャン=バティストが消息を絶つ。誰もが、すべてが、怪しい。何が本当で、何が嘘なのか。疑心暗鬼と猜疑心が、その小さな世界に渦巻いてゆく。果たして、事件の真相は……?


解説

2010年のカンヌ国際映画祭ある視点部門で上映され、注目を集めたファブリス・ゴベールの監督デビュー作。パリ郊外で発生した高校生の連続失踪事件を巡って、複数の登場人物の視点から事件の全貌が語られてゆくミステリー。主人公の1人を演じたのは、「バス・パラディアム」に続き、本作が長編2作目となるジュール・ペリシエ。


公開日2013年12月14日よりユーロスペースほか全国にて順次公開
配給ビーズインターナショナル
制作国フランス (2010)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督:ファブリス・ゴベール
出演:ジュール・ペリシエ/アナ・ジラルド/セルジュ・リアブキン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP