サラリーマン御意見帖 男の一大事

サラリーマン御意見帖 男の一大事

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

今春大学を卒業する一心太郎は、サラリーマンになるよりも家業の魚屋を継ぎたいという変りダネだ。母親のおかねは反対だった。女手一つで一人息子を大学までやり、あげくのはてに魚屋になると言い出されては歎くのも無理はない。近所の小料理屋の女主人千代や、その娘で太郎を憎からず思っている弓子がおかねに同調した。千代は、スタービールの専務・大久保彦三郎家の執事役・喜内老人に太郎の就職を依頼した。しかし、試験日が調理士の試験日とかち合っていた。太郎は迷ったが、調理士の試験を受けた。


解説

東宝サラリーマン映画の新シリーズ第一作。「現代サラリーマン読本 恋愛武士道」の長瀬喜伴の脚本を、「悪魔の接吻」の丸山誠治が監督し、「現代サラリーマン読本 恋愛武士道」の鈴木斌が撮影した。


配給-
制作国日本 (1960)
ジャンルドラマ 
スタッフ・キャスト監督:丸山誠治
出演:小林桂樹/沢村貞子/加東大介/白田肇


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)一心太郎
沢村貞子おかね
加東大介大久保彦三郎
白田肇大久保正夫
太刀川寛 (Hiroshi Tachikawa)家光和雄
中島そのみ家光みどり
一の宮あつ子家光康子
水野久美夏川弓子
森川信夏川信助
浪花千栄子夏川千代
亀谷雅敬夏川貫一
中田康子村山藤子
中村是好喜内笹夫
桂小金治仙三
西条康彦文吉
横山道代 (Michiyo Yokoyama)春子
出雲八重子婆や
峯丘ひろみ駒子
八波むと志豊吉
家田佳子町田早苗
柳谷寛清水人事課長
田武謙三大木販売課長
左卜全大学の職員
堺左千夫社員
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP