東海道お化け道中

妖怪シリーズ第三作

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

東海道は藤川の宿はずれの鬼塚で、宮守の仁兵衛親分が殺され、その非道を止めようとした塚守りの甚兵衛も、火車の勘蔵の刃に倒された。お美代は瀕死の祖父甚兵衛から、父が由井の宿に生きていると聞くと、親子のしるしであるサイコロを持って、東海道を下った。だが、兇行現場を目撃したお美代は、勘蔵一家につけ狙われていた。そんなお美代を護衛したのが、百太郎だった。しかし勘蔵は、百太郎が親分の死を知っては面倒と賽吉と俵に命じ後を追わせた。やがて賽吉は、お美代を誘拐したが、浜松へ向う森の中で背中のお美代が蛇骨婆に変っているのを見てど胆を抜かれた。亡母の骨で作ったサイコロが魔力をもっていたのだ。


解説

「出獄四十八時間」の吉田哲郎と「秘録おんな寺」の浅井昭三郎が脚本を共同執筆し、「博徒一代 血祭り不動」の安田公義と「妖怪大戦争」の黒田義之が共同監督した妖怪シリーズ第三作。撮影は今井ひろしと武田千吉郎が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1969)
ジャンルドラマ 
スタッフ・キャスト監督:安田公義/黒田義之
出演:本郷功次郎/保積ペペ/古城門昌美/戸浦六宏


キャスト

俳優名役名
本郷功次郎銭座の百太郎
保積ペペ新太
古城門昌美お美代
戸浦六宏 (Rokuhiro Toura)
五味龍太郎俵権九郎
伊達三郎 (Saburo Date)丑松
左卜全甚兵衛
上野山功一五郎吉
水原浩一彫辰
山路義人火車の勘蔵
島田洋介島の洋
今喜多代お喜多
山本一郎紋太
玉置一恵仁兵衛
石原須磨男百々爺
暁新二郎長助
石井喜美子蛇骨婆
滝のぼる女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP