最後のマイ・ウェイ

名曲「マイ・ウェイ」を作った男の半生

上映スケジュール
最後のマイ・ウェイ
最後のマイ・ウェイ
最後のマイ・ウェイ



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

最後のマイ・ウェイ

1939年、エジプト。クロード・フランソワは、スエズ運河の通行管理の仕事をする裕福な実業家の父と、おおらかで派手好きな母のもとで少年期を過ごす。しかし、第二次中東戦争による父の失業に伴い、一家はモナコへと移住する。家計を支えるために、楽団のヴォーカルとして働き、人気を博すが、厳格な父は彼の仕事を認めることはなかった。200を超える作詞、作曲をし、生涯に6,700万枚のレコードを売り上げ、酒もドラッグも無縁で禁欲的に体を鍛え、歌い、自ら振付けたダンサーをバックに踊り、プロダクションをも立ち上げる。彼はまさに時代を先取りしたマーケティングのプロであった。が、成功の裏には、大スター、ジョニー・アリディへの闘志、フランス・ギャルと極秘の熱愛と破局、病気と偽り、新聞の一面を飾り、私生活と共に息子の存在を隠し続けることがあったのだが……。


解説

フランク・シナトラの名曲「マイ・ウェイ」を作った、クロード・フランソワの成功と実像を、数々の名曲にのせて描いた感動のドラマ。本物と見間違うほどの主役のクロード・フランソワを演じるのは、実力派俳優ジェレミー・レニエ。17歳から39歳までのクロードを演じるためにヘア・ウィッグが5種類、80着ものオーダーメイドの服が用意され、5ヶ月にわたりヴォーカル、ドラムとパーカッション、歌にダンス、肉体改造をし徹底的に役作りの準備をしたという。「世界デビューする直前に、39歳で夭逝した父を世界に伝えるチャンスを与えてやりたかった」という、クロード・フランソワの遺児である、2人の息子たちの全面的協力により、本作の映画化が実現した。(作品資料より)


公開日2013年7月20日よりBunkamura ル・シネマにて
配給カルチュア・パブリッシャーズ
制作国フランス (2012)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督:フローラン=エミリオ・シリ
出演:ジェレミー・レニエ/ブノワ・マジメル/モニカ・スカティーニ/サブリナ・セイヴク/アナ・ジラルド/マルク・バルベ


スタッフ

監督
脚本
脚色
エグゼクティブプロデューサー
製作
共同製作
撮影
美術
音楽
編集
衣裳デザイン
メイク
キャスティング
製作主任
字幕

キャスト

俳優名役名
ジェレミー・レニエ (Jeremie Renier)Claude Francois (クロード・フランソワ)
ブノワ・マジメル (Benoit Magimel)Paul Lederman (ポール・レダーマン)
モニカ・スカッティーニ (Monica Scattini)Chouffa Francois (シュファ・フランソワ)
サブリナ・セヴク (Sabrina Seyvecou)Josette Francois (ジョゼット・フランソワ)
アナ・ジラルド (Ana Girardot)Isabelle Foret (イザベル)
マルク・バルベ (Marc Barbe)Aime Francois (エメ・フランソワ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
ジェイソン・モモアが“戦士の舞”を世界に披露!!ファン約1000人が大喚起!!『アクアマン』LA プレミア

2018.12.14

【フィンランド日本2019】「親善大使」発表会に『雪の華』橋本光二郎監督がゲスト登場!!「この映画でフィンランドに恩返しができたらと」

2018.12.14

実写映画『アラジン』日本公開日ついに決定!!!この音楽は!? 特報・ポスターも完成

2018.12.14

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
『ドクター・ストレンジ』続編が製作へ

2018.12.14

リブート版『悪魔の毒々モンスター』が製作へ

2018.12.14

『クレイジー・リッチ!』のコンスタンス・ウー、新作ラブコメ映画に出演か

2018.12.14

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『宵闇真珠』プレスシート(非売品)

グッズ3名様

『宵闇真珠』プレスシート(非売品)
『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ

グッズ3名様

『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ
『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

その他5組10名様

『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP