黒の超特急

増村保造が監督した黒シリーズの一篇

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

岡山県のある駅で不動産業を営む桔梗敬一を、東京の“東亜開発社長中江雄吉”と名のる男が訪れた。中江は、自動車工場用地としてこのあたりの土地を、細長く買いたいというのだ。そして桔梗には坪あたり百円の手数料を出すという。数日後、地主達と上京した桔梗は、中江と取り引きを終えて帰った。桔梗の心には、二千万儲けたことの喜びと、中江の事務所で出会った、日本人離れのした美人のことが交錯していた。半年後、株ですった桔梗は、地主達から、中江の買収した士地に第二次新幹線が走ると聞いて、急いで上京した。中江は事前に知っていたに違いない、面会を求めて五百万の金融を断わられた桔梗は、帰りにあの美人に偶然出会い、後をつけた。女は、新幹線公団に務める田丸陽子で、彼女はすでに二年前に退職し、今は赤坂のマンションで長沼という姓で二号生活をしていた。そしてその相手こそ、新幹線公団専務理事財津政義であった。


解説

梶山季之原作『夢の超特急』を「卍(まんじ)(1964)」の増村保造と「嘘(1963)」の白坂依志夫が共同で脚色、増村保造が監督した黒シリーズの一篇。撮影もコンビの小林節雄。


配給-
制作国日本 (1964)
ジャンルドラマ 
スタッフ・キャスト監督:増村保造
出演:田宮二郎/藤由紀子/船越英二/加東大介/石黒達也


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
田宮二郎 (Jiro Tamiya)桔梗敬一
藤由紀子田丸陽子
船越英二財津政義
加東大介中江雄吉
石黒達也工藤
町田博子長沼博子
穂高のり子財津の夫人
大西恭子不動産屋の若い女
三島愛子料亭の女中
早川雄三加田
高村栄一大藤
春本富士夫 (Fhujio Harumoto)小林
中条静夫証券会社の社員
小杉光史東西開発の事務員A
高見貫東西開発の事務員B
真杉美智子東西開発の事務員C
目黒幸子隣りの奥さん
村田扶実子煙草屋のおかみさん
酒井三郎公団の受付
南堂正樹公団の人事課員
杉森麟公団の係長
大山健二公団の守衛
上田吉二郎旅館の主人
此木透マンションの管理人
小山内淳すし屋の板前
中田勉肉屋の店員
橋本力やくざ風な男
九段吾郎やくざ風な男
松村若代旅館の女中
守田学刑事A
原田玄刑事B
花布辰男検事
竹内哲郎超特急の客
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP