足にさわった女('60)

東京行の急行列車内でのおかしな騒動

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

東海道線上り特急列車「えこう」の中。大阪界わいでは、ちょっとした腕ききのスリ専門のデカ・北八平太は休暇で上京中だ。その隣に彼にぴたりとくっついて腰掛けているのが美人スリの塩沢さや。現行犯じゃなければ八平太には手も足も出ない。食堂車ではお偉い作家の五無康祐が、この世に美人のスリなんていやあしねえと、怪気焔をあげている。トンネルの中で停電した。車内は大さわぎ、腹の出た重役タイプの男が狙われた。休暇中とはいえデカとして黙ってはいられない。盗難品は名刺入れだけだった。さやも腕がにぶったか……。八平太は今度やる時は俺につかまるようにやれと説教した。が、彼女も可哀相な女だった。


解説

沢田撫松の原作から、『ぼんち』の和田夏十と市川崑が脚本を書き、『からっ風野郎』の増村保造が監督した喜劇で、3度目の映画化。東京行の急行列車内でのおかしな騒動を描く。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1960)
ジャンルコメディ 
スタッフ・キャスト監督:増村保造
出演:京マチ子/ハナ肇/船越英二/杉村春子/大辻伺郎/田宮二郎/見明凡太朗/多々良純/ジェリー藤尾


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
京マチ子 (Machiko_Kyo)女(塩沢さや)
ハナ肇 (Hajime_Hana)刑事(北八平太)
船越英二小説家(五無康祐)
大辻伺郎女の弟分(野呂走)
杉村春子女万引(築前春子)
田宮二郎 (Jiro Tamiya)雑誌記者(花輪次郎)
見明凡太朗 (Bontaro Miake)警視
多々良純重役
ジェリー藤尾学生
谷啓 (Kei Tani)列車ボーイ
植木等 (Hitoshi Ueki)からむ乗客
浦辺粂子老婆
町田博子厚化粧の女
潮万太郎厚木の巡査
春本富士夫 (Fhujio Harumoto)厚木の洋服屋
江波杏子 (Enami Kyoko)若い百姓女
大川修愚連隊風の男
犬塚弘駅員
湊秀一警視庁の巡査
杉田康拳銃を売る男
小山内淳買う男A
井上信彦買う男B
守田学買う男C
谷謙一公安官
高村栄一黒ソフトの男
夏木章機関手
楠よし子厚木の女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP