嵐を呼ぶ銃弾

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1873年のテキサスのある開拓者集落。当時この地方一帯は悪名高いE・J・デイヴスの私設警察力によって支配されていた。彼の打倒運動を起していた町の青年キット・カズウェル(ジェームズ・ベスト)には、ルーシー・アントリム(アビー・ダルトン)という恋人がいたが、同志にやはり彼女を恋しているフランク・ウィットロック(ジャン・マーリン)がいた。知事一味の拷問にあった青年2人は、荒野に逃れて、そこで西部に名高い拳銃手コール・ヤンガー(フランク・ラヴジョイ)に出会った。彼は各地の懸賞金つきお尋ね者だった。彼を訴えて賞金をもらい、ルーシーの関心を得ようとしたフランクは、ひとり町に帰ったが、彼女はこれを拒んだ。ルーシーや両親を心配したキットは、ヤンガーの忠告を振り切って町に帰るが、父がフォリヤード一味に殺されたのを知り、彼の経営する酒場に乗り込んだ。しかし一味に包囲され、危機一髪の時、ヤンガーが出現してすんでのところを救ってくれた。これを見ていたフランクは、キットたちが立ち去ったあと、フォリヤード一味2人を殺し、その罪をキットになすりつけた。お尋ね者になったキットは、ヤンガーと牛追いの仕事をした後、ルーシーに会うためアビリーンにやってきたが、そこで捕えられ、裁判にかけられた。知事が勢力を失った町ではフランクの父親が保安官になっており、法廷はフランクに有利に進んだ。その時、両手に拳銃をもったヤンガーが乗り込んできて、キットの無罪を証明し、フランクの悪事をあばいた。キットへの判決は無罪になり、彼とルーシーは証人として逮捕を免ぜられたヤンガーを見送るのだった


解説

「殺し屋ネルソン」のダニエル・メインウォーリングの脚本を「春来りなば(1956)」のR・G・スプリングスティーンが監督した西部劇。撮影監督は「肉弾鬼中隊(1957)」のハリー・ニューマン、音楽はマーリン・スカイルズ。主演は「死刑か裏切か」のフランク・ラヴジョイ、「哀愁物語」のジェームズ・ベスト、それに新星アビー・ダルトン。助演はジャン・マーリン、ジョージ・キーマス等。製作はベン・シュオルブ。


公開日1958年5月23日より
配給アライド・アーチスツ=映配
制作国アメリカ (1958)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
編集

キャスト

俳優名役名
フランク・ラヴジョイ (Frank Lovejoy)Younger
ジェームズ・ベスト (James Best)Kit
アビー・ダルトン (Abby Dalton)Lucy
ジャン・マーリン (Jan Merlin)Frank
ジョージ・キーマス (George Keymas)Price
ジョン・マックスウェル (John Maxwell)Caswell
フランク・ファーガソン (Frank Ferguson)Wittrock
マイロン・ヒーリー (Myron Healey)Bennett_Twins
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP