嘆きのピエタ R-15

衝撃と感動を約束するキム・ギドク監督作

上映スケジュール
嘆きのピエタ
嘆きのピエタ
嘆きのピエタ



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

嘆きのピエタ

生れてすぐに親に捨てられて、天涯孤独に生きてきたガンド。「金で人を試す悪魔」と呼ばれ、恐れられてきた冷酷無比な借金取りのガンドの前に、ある日、母親だと名乗る女が現れる。彼は疑いつつも、徐々に女を母親として受け入れるようになっていく。母の愛に触れ、母への愛が芽生えると同時に、守るべき大切な人を失う不安と恐怖に苛まれるように。一方、ある決意を抱えた女もまた、自分の気持ちの思いがけない変化に気づく。


解説

第69回ヴェネチア国際映画祭で、並みいる強豪を抑え最高賞である金獅子賞を見事受賞したキム・ギドク監督の作品は、生まれてすぐに親に捨てられ孤独に生きてきた借金取りの男と、その母親を名乗る謎の女が織りなす物語。「ピエタ」とは、十字架から降ろされたイエス・キリストを胸に抱く聖母マリア像の事。母の愛によって、冷酷無比に生きてきた男の中に目覚めた人間的感情をしみじみと描くとともに、愛ゆえに強くも脆くもなる人間の姿を、エモーショナルかつ静謐に綴っていく。予想を裏切る二転三転のドンデン返しと目を背けたくなるほどの過激な描写、そして美しくも切ないラストシーンは、今までのギドク作品の集大成と言っても過言ではないだろう。


公開日2013年6月15日よりBunkamura ル・シネマほか全国にて順次公開
配給クレストインターナショナル
制作国韓国 (2012)
ジャンルドラマ スリラー/サスペンス
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督:キム・ギドク
出演:チョ・ミンス/イ・ジョンジン


スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブプロデューサー
プロデューサー
撮影
美術
セットデザイン
音楽
サウンドデザイン
録音
照明
編集
衣裳デザイン
SFX/VFX/特撮

キャスト

俳優名役名
チョ・ミンス (Cho Min-Soo)Mi-Son (ミソン)
イ・ジョンジン (I Jeong-Jin)Gang-Do (ガンド)
ウ・ギホン (Ki-Hong Woo)Hoon-chul (フンチョル)
カン・ウンジン (Eunjin Kang)Myeong-ja (ミョンジャ)
クォン・セインMachinist with the Guitar (ギターの男)
チョ・ジェリョン (Jae-ryong Cho)Tae-seung
イ・ミョンジャ (Myeong-ja Lee)Mother of Suicidal Man (自殺男性の母)
ホ・ジュンソクSuicidal Man (自殺の男)
ソン・ムンス (Mun-su Song)Borrower Who Climbs the Steps (階段を登る借用者)
キム・ボムジュンMyeongdong Man
ソン・ジョンハク (Jong-hak Son)Boss (ボス)
チン・ヨンウク (Yonguk Jin)
ユ・ハボク
ソ・ジェギョン (Seo Jae-kyeong)
キム・ジェロクMonk (僧侶)
イ・ウォンジャン (Won-jang Lee)Sang-gu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP