恋のロンドン狂騒曲

ロンドンを舞台にした4つのラブストーリー

上映スケジュール
恋のロンドン狂騒曲
恋のロンドン狂騒曲



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

恋のロンドン狂騒曲

処女作は好評だったものの、その後、芽が出ない作家のロイ。その妻のサリーには、結婚生活以外にも悩みがあった。父は若さを取り戻そうと家庭を捨て、母はそのショックから自殺未遂をはかり、今ではインチキ占い師の言葉を信じていた。やがてサリーは働き出したアートギャラリーの上司に、心惹かれ…。一方、ロイも窓越しに見かける若い女性の虜に…。そんな中、父が連れてきた相手は、孫ほど歳の離れたコールガールだった…。


解説

本作は大ヒットした『ミッドナイト・イン・パリ』の前作にあたるロンドンを舞台にしたコメディ。いくつかのカップルの別れと出会いを同時進行させるスタイルは、アレンにとってはお手のもの。ただし、恋の幻想をシニカルに描いた本作は、コメディながらもオチはシビア。登場人物たちの多くは、自分やパートナーにないものを求めて、現在のカップルの関係を解消していくが、結局誰が幸せになったのかと言えば、という皮肉が効いている。珍しく情けない老人を演じるホプキンス、ダメ作家のブローリン、から回りしてしまうワッツ、そしてフレッシュな魅力たっぷりのピントなど、俳優たちの魅力もたっぷり活かされている。絶妙な小話だが、奥深さは相変わらずだ。


公開日2012年12月1日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて
配給ロングライド
制作国アメリカ=スペイン (2010)
ジャンルラブ・ストーリー 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督・脚本:ウディ・アレン
出演:アントニオ・バンデラス/ジョシュ・ブローリン/アンソニー・ホプキンス/ジェマ・ジョーンズ/フリーダ・ピント/ルーシー・パンチ/ナオミ・ワッツ


スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影監督
美術
編集
衣裳デザイン

キャスト

俳優名役名
アントニオ・バンデラス (Antonio Banderas)Greg (グレッグ)
ジョシュ・ブローリン (Josh Brolin)Roy (ロイ)
アンソニー・ホプキンス (Anthony Hopkins)Alfie (アルフィ)
ジェンマ・ジョーンズ (Gemma Jones)Helena (ヘレナ)
フリーダ・ピント (Freida Pinto)Dia (ディア)
ルーシー・パンチ (Lucy Punch)Charmaine (シャーメイン)
ナオミ・ワッツ (Naomi Watts)Sally (サリー)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP