踊らん哉

リー・ローブ&バックマンの原作を映画化

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

パリで名を挙げた古典舞踊家ペトロフは実は米国人である。マネジャーのジェフリイは一座を連れてニューヨークへ行こうとするがペトロフはレビューのスター、リンダと近づきになろうと思っているのでパリを離れようとはしない。そしてリンダが舞台で相手役と喧嘩ををして米国へ帰ることを知ったペトロフは直ぐ同じ船に乗り込む。出発前に彼に恋している以前の相手役だったドニーズが追掛けて来たので、ペトロフは秘かに結婚したと告げて彼女を追払う。船中でペトロフとリンダは親しくなったが、その頃ドニーズの口からペトロフの秘密結婚が噂され船中へも聞こえて来た。二人の親しい様を見た船客たちはペトロフの妻はリンダであると信じてしまう。これを知って立腹した彼女は郵便飛行機で先にニューヨークへ到着したが既に新聞は大きく二人の結婚を書立てている。


解説

「有頂天時代」に次ぐフレッド・アステア、ジンジャー・ロジャース主演映画で、リー・ローブとハロルド・バックマンの原作を「有頂天時代」のアラン・スコットがアーネスト・パガノと協力脚色し、「艦隊を追って」「女性の反逆」のマーク・サンドリッチが監督し、「有頂天時代」のデイヴィッド・エーベルが撮影した。助演者は「トップ・ハット」のエドワード・エヴァレット・ホートン及びエリック・ブローア、「市街戦」のジェローム・コウアン、「コブラ・タンゴ」のケッティ・ガリヤン、「巨星ジーグフェルド」のリエット・ホクター等で、音楽は急逝したジョージ・ガーシュウィンが作曲したものである。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国アメリカ (1937)
ジャンルドラマ 
スタッフ・キャスト監督:マーク・サンドリッチ
出演:フレッド・アステア/ジンジャー・ロジャース/エドワード・エヴァレット・ホートン/エリック・ブローア/ジェローム・コウアン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP