カリーナの林檎〜チェルノブイリの森〜

チェルノブイリ原発事故後の、ひとつの家族にもたらされた悲劇を描く

上映スケジュール
カリーナの林檎〜チェルノブイリの森〜
カリーナの林檎〜チェルノブイリの森〜



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

カリーナの林檎〜チェルノブイリの森〜

ベラルーシに住む少女カリーナは、大好きなおばあちゃんの家で夏休みを過ごしていた。そこはチェルノブイリ原発事故による居住禁止区域のすぐ近くで、放射能汚染の危険も高い。でも、川の水も森の木々も綺麗で、彼女には信じられなかった。冬になっておばあちゃんの具合が悪くなり、ママの病気も悪化してしまう。そして遂にカリーナも…。友達が亡くなっていく姿を目の当たりにした彼女は、ある事を決意する。


解説

1986年に起きた、チェルノブイリ原子力発電所事故がもたらした悲劇を描く劇映画。『アイコ十六歳』など数々の青春映画を手掛けてきた今関あきよし監督が、現地で入念な取材活動を行い、2004年に『少女カリーナに捧ぐ』というタイトルで一度は完成するものの、当時の日本国内での事故に対する関心の低さから、公開までこぎつけなかったという。本作“2011年版”は、昨年、監督がふたたびチェルノブイリとその周辺を訪れ取材を行い、その最新映像を加えた再編集版だ。“3.11”が起こってしまった今、原発事故による放射能の恐怖に翻弄され、それまで営んでいた生活をすべて壊された人々の苦しみに重ね合わせてしまう。


公開日2011年11月19日よりシネマート六本木ほか全国順次公開
配給パル企画
制作国日本 (2011)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督・脚本:今関あきよし
脚本:いしかわ彰
出演:ナスチャ・セリョギナ/タチアナ・マルヘリ/リュディミラ・シドルケヴィッチ/イゴリ・シゴフ
日本語ナレーション:大林宣彦


スタッフ

監督
脚本
撮影
音楽
録音
編集
制作担当
助監督
字幕監修
字幕
ナレーション

キャスト

俳優名役名
ナスチャ・セリョギナカリーナ (カリーナ)
タチアナ・マルヘリおばあちゃん (オバアチャン)
リュディミラ・シドルケヴィッチアーニャおばさん (アーニャオバサン)
イゴリ・シゴフアレキサンドルおじさん (アレキサンドルオジサン)
オルガ・ヴォッツカリーナのママ (カリーナノママ)
セルゲイ・シムコカリーナのパパ (カリーナノパパ)
アンドレイ・ドゥピクセルゲイ (セルゲイ)
ターニャ・イフェレェミェンコマーシャ (マーシャ)
リザ・ミンキナユーリャ (ユーリャ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP