一命

侍が一命を賭しても守るべきものとは何か…。信念か、愛か?三池崇史が鮮烈に描く、3D本格時代劇

上映スケジュール
一命
一命
一命



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

一命

江戸時代初頭。井伊直孝の大名屋敷に津雲半次郎という初老の浪人が現れ、切腹のため玄関先を貸して欲しいと言う。時は合戦もなくなった泰平の世、食い詰めた浪人たちが大名屋敷で切腹を申し出、金品や士官の口をせしめる狂言切腹が流行していたのだ。応対に出た井伊家家老の斎藤勘解由は、かつて井伊家に狂言切腹に訪れ「当家では狂言切腹は通用せん」と実際に腹を切らされた若い武士・千々岩求女の死に様を、津雲に話し始める…。


解説

あの三池崇史監督が“命を懸けて、何かを守る”男たちの姿を描いた本格派時代劇。歌舞伎界のプリンス・十一代目市川海老蔵が、初老の侍・津雲半次郎を演じている。実年齢とはかけ離れた役柄ながら、入魂の演技で観る者を作品の中へと引き込んでいく。その所作の美しさや殺陣のキレからは、梨園で生まれ育った彼ならではの老成した凄みが感じられる。その海老蔵と好対照をなすのが、若侍・千々岩求女を演じた瑛太だ。愛する者を守りきれない男の切なさを、若々しく表現している。全編3Dカメラで撮影され、日本家屋の奥行きを感じさせる映像の陰影も美しい。自らの信念を守るため、一命を賭して戦う男たちを鮮烈に描いた、三池監督渾身の一作。


公開日2011年10月15日より全国にて
配給松竹
制作国日本 (2011)
ジャンル任侠/時代劇 ドラマ
スタッフ・キャスト監督:三池崇史
原作:滝口康彦
音楽:坂本龍一
出演:市川海老蔵/瑛太/役所広司/満島ひかり


キャスト

俳優名役名
十一代目市川海老蔵 (Ebizo Ichikawa)津雲半四郎 (ツクモハンシロウ)
瑛太 (Eita)千々岩求女 (チヂイワモトメ)
満島ひかり (Mitsushima Hikari)美穂 (ミホ)
役所広司 (Koji Yakusho)斎藤勧解由 (サイトウカゲユ)
竹中直人 (Naoto Takenaka)田尻 (タジリ)
青木崇高 (Munetaka Aoki)沢潟彦九郎 (オモダカヒコクロウ)
新井浩文 (Hirofumi Arai)松崎隼人 (マツザキハヤトノショウ)
波岡一喜 (Kazuki Namioka)川辺右馬助 (カワベウマノスケ)
笹野高史 (Takashi Sasano)宗祐 (ソウスケ)
中村梅雀千々岩甚内 (チヂイワジンナイ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP