悪名(’61)

今東光の同名小説の映画化

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

河内の百姓の伜朝吉は無類の暴れ者で“肝っ玉に毛の生えた奴”と恐れられていたが、盆踊の晩、隣村の人妻お千代と知りあって有馬温泉へ駆落した。しかし働きに出るお千代を、ゴロゴロ待っている朝吉は次第に退屈し、彼女が酔客と戯れているのを見たのをシオに大阪に帰った。彼はそこで幼馴染の青年達にあい、そのまま松島遊廓にくりこんだ。琴糸という源氏名の女は朝吉にぞっこん惚れ込んだ。その晩連れの青年が酔った勢いで土地の暴れん坊、モートルの貞と悶着を起し、彼らと貞は翌朝対決する羽目になった。しかし機敏な朝吉の働きで貞は散々に打ちのめされた。この時現れた貞の親分吉岡の客分として一家に身を預けた朝吉は、喧嘩やバクチ場で無類の強さを示し、貞も次第に彼にひかれた。そんな時、朝吉と馴染を重ねていた琴糸が逃げて来た。


解説

「小太刀を使う女」の依田義賢が脚色。「鯉名の銀平(1961)」の田中徳三が監督。撮影は「沓掛時次郎(1961)」の宮川一夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1961)
ジャンルドラマ 
スタッフ・キャスト監督:田中徳三
出演:勝新太郎/田宮二郎/中村玉緒/中田康子


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)朝吉
田宮二郎 (Jiro Tamiya)モートルの貞
中村玉緒 (Nakamura Tamao)お絹
中田康子お千代
二代目水谷八重子 (Yaeko Mizutani)琴糸
浪花千栄子麻生イト
阿井美千子おしげ
倉田マユミお辰
藤原礼子お照
若杉曜子白糸
高橋とよ (Toyo Takahashi)漁師の老妻
山茶花究吉岡
千葉敏郎シルクハットの子分
須賀不二男松島の子分
嵐三右衛門漁師
荒木忍善兵衛
西川ヒノデおやじ
永田靖シルクハットの親分
丸凡太辰吉
天野一郎大和楼の主人
石原須磨男番頭
浅尾奥山筆職人の老人
寺島貢旅商人
伊達三郎 (Saburo Date)中盆
堀北幸夫胴元
金剛麗子やり手婆
橘公子筆職人の妻
浜田雄史土生の男
福井隆次他の客
沖時男忠公
渡辺満男若い者甲
小南明茂公
山岡敬四郎盆踊りの男
西岡弘善男甲
春日清遊び人
石島栄太郎男乙
有村淳シルクハットの子分
堀左和子およし
大井由貴子妓乙
三星富美子麻生館の女中
大谷鷹子妓甲
種井信子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP