ネスト('11)

ケビン・コスナー、デビュー30周年記念、初のホラー主演作品

上映スケジュール
ネスト('11)
ネスト('11)
ネスト('11)



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ネスト('11)

妻と離婚した小説家のジョンは、新たなる生活を始めるため、思春期の娘ルイーサと7歳になる息子サムとの3人でサウスカロライナの人里離れた、自然に囲まれた大きな一軒家に引っ越してきた。その日から、彼らは想像を絶する恐怖に見舞われることになる。夜な夜な聞こえてくる怪しい物音と囁き声、そして闇にうごめく得体の知れない何かの気配、さらには家中に残された泥だらけの足跡…。やがて、ルイーサは夜になると家を抜け出し、家のそばにある古墳のような塚に向かい、泥だらけになって帰ってくるようになる。その塚こそ、“マウンド・ウォーカー”と呼ばれる太古から地中で生き続ける呪われた種族の巣窟だった。種の保存のため、新たなる女王を探し続ける彼らは、ルイーサに白羽の矢を立て、彼女を暗黒の世界へと引き込んだのだった。それを知ったジョンは奪われた娘を奪還するため、“マウンド・ウォーカー”の巣窟へと足を踏み入れる……。


解説

地の底でおぞましい欲望がうごめいている。物音、囁き、足跡…、“奴ら”はそこに確実に存在する。一家が引っ越してきた希望の新天地、そこは“奴ら”の巣窟(ネスト)だった…。出演は、謎の魔物たちから家族を守ろうとする父親ジョンに、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』でアカデミー賞に輝く名監督でもある名優ケビン・コスナー。“マウンド・ウォーカー”に魅入られた娘ルイーサにはギレルモ・デル・トロ監督の『パンズ・ラビリンス』で鮮烈な印象を残した美少女イバナ・バケロ。その弟サムには『チェンジリング』でアンジェリーナ・ジョリーの息子を好演したガトリン・グリフィス。監督は、短編映画で数多くの映画賞を受賞し、その後『REC/レック』や『スパニッシュ・ホラー・プロジェクト クリスマス・テイル』の脚本を手掛けて、世界的に注目されているスペインの奇才で、本作がハリウッド・デビュー作となるルイス・ベルデホ。(作品資料より)


公開日2011年1月22日より池袋テアトルダイヤほか全国にて
配給プレシディオ
制作国アメリカ (2009)
ジャンルホラー 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督:ルイス・ベルデホ
原作:ジョン・コナリー
出演:ケビン・コスナー/イバナ・バケロ/ガトリン・グリフィス/サマンサ・マシス


スタッフ

監督
脚本
原作
エグゼクティブプロデューサー
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
キャスティング

キャスト

俳優名役名
ケヴィン・コスナー (Kevin Costner)John James (ジョン・ジェームズ)
イバナ・バケロ (Ivana Baquero)Louisa James (ルイーサ・ジェームズ)
ガトリン・グリフィス (Gattlin Griffith)Sam James (サム・ジェームズ)
ノア・テイラー (Noah Taylor)Professor Evan White (エヴァン・ホワイト教授)
サマンサ・マシス (Samantha Mathis)Cassandra Parker (カサンドラ・パーカー)
エリック・パラディーノ (Erik Palladino)Officer Ed Lowry (エド・ローリー)
ジェームズ・ギャモン (James Gammon)Roger Wayne (ロジャー・ウェイン)
サンドラ・エリス・ラファーティ (Sandra Ellis Lafferty)Mrs. Amworth (アムワース夫人)
マーガレット・アン・フローレンス (Margaret Anne Florence)Alexis Danella (アレクシス・ダネラ)
クリストファー・ハーヴェイ (Christopher Harvey)Rick Ross (リック・ロス)
ブライン・マッシー (Brynn Massey)Sally (サリー)
マーティン・トンプソン (Martin Thompson)Stewart Green (スチュワート・グリーン)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP