十三人の刺客

俳優たちの気迫が爆発する、“超熱血系”時代劇アクション!

上映スケジュール
十三人の刺客
十三人の刺客
十三人の刺客



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

十三人の刺客

将軍の腹違いの弟という立場に甘んじ、悪行の限りを尽くす明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)。幕府の老中は、この暴君が国の要職に就く前にひそかに闇に葬るよう、御目付役・島田新左衛門に密命を下す。斉韶の凶行の数々を知った新左衛門は、命がけで大義を果たすことを決意。信頼が置けて腕の立つ刺客を集め、斉韶が参勤交代で江戸から明石へ帰国する道中を狙うことに。わずかな手勢で300人を超える軍勢を迎え討つため、新左衛門たちは落合宿を買収。大掛かりな罠を仕掛け、斉韶ら明石藩の一行を待ち受けるが…!?


解説

1963年に公開された同名映画を、鬼才・三池崇史がリメイクした超大型時代劇アクション。主演の役所広司を筆頭に、同士となる刺客に山田孝之、伊勢谷友介、伊原剛志、沢村一樹、松方弘樹ら。さらに冷血で残酷な暴君に稲垣吾郎、彼の忠実な家臣に市村正親という、まさに日本映画界を代表する豪華な顔ぶれが集結。これだけの役者が揃って、面白くないわけがない! “十三人の刺客”それぞれに、キャラクターや背景までうかがえる見せ場を用意してあるのも、三池監督らしい心憎い演出だ。そしてクライマックスとなるのは、“ラスト50分の壮絶な死闘”。人を斬ると切れ味が鈍るので、用意しておいた無数の刀を使い捨てにしていく描写など、恐ろしいほどのリアリティ。宿場町全体を大きな罠に仕立て上げる、大胆不敵な知略の数々も見どころだ。


公開日2010年9月25日より全国にて
配給東宝
制作国日本 (2010)
ジャンル任侠/時代劇 アクション
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督:三池崇史
出演:役所広司/山田孝之/伊勢谷友介/沢村一樹/古田新太/高岡蒼甫/六角精児/波岡一喜/近藤公園/石垣佑磨/窪田正孝/伊原剛志/松方弘樹/松本幸四郎/稲垣吾郎/市村正親


スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
プロデューサー
プロデュース
庄内担当プロデューサー
共同プロデュース
人物デザイン
撮影
美術
装飾
音楽
オフィシャル・コンセプトソング
録音
音響効果
照明
編集
衣裳デザイン
キャスティングプロデューサー
ラインプロデューサー
制作担当
助監督
スタント・コーディネート
CGIプロデューサー

キャスト

俳優名役名
役所広司 (Koji Yakusho)島田新左衛門 (シマダシンザエモン)
山田孝之 (Takayuki Yamada)島田新六郎 (シマダシンロクロウ)
伊勢谷友介 (Yusuke Iseya)木賀小弥太 (キガコヤタ)
沢村一樹 (Ikki Sawamura)三橋軍太夫 (ミツハシグンジロウ)
古田新太 (Arata Furuta)佐原平蔵 (サハラヘイゾウ)
高岡奏輔 (Sosuke Takaoka)日置八十吉 (ヒオキヤソキチ)
六角精児 (Seiji Rokkaku)大竹茂助 (オオタケモスケ)
波岡一喜 (Kazuki Namioka)石塚利平 (イシヅカリヘイ)
石垣佑磨 (Yuma Ishigaki)樋口源内 (ヒグチゲンナイ)
近藤公園堀井弥八 (ホリイヤハチ)
窪田正孝 (Masataka Kubota)小倉庄次郎 (オグラショウジロウ)
伊原剛志 (Tsuyoshi Ihara)平山九十郎 (ヒラヤマクジュウロウ)
松方弘樹 (Hiroki Matsukata)倉永左平次 (クラナガサヘイタ)
吹石一恵 (Fukiishi Kazue)お艶/ウバシ(2役) (オエン/ウバシ)
谷村美月 (Tanimura Mitsuki)牧野千世 (マキノチヨ)
斎藤工 (Takumi Saito)牧野妥女 (マキノアヤメ)
阿部進之介出口源四郎 (デグチゲンシロウ)
内野聖陽 (Seiyo Uchino)間宮図書 (マミヤズショ)
光石研 (Ken Mitsuishi)浅川十太夫 (アサカワジュウタユウ)
岸部一徳 (Ittoku Kishibe)三州屋徳兵衛 (サンシュウヤトクベイ)
平幹二朗 (Mikijiro Hira)土井大炊頭利位 (ドイオオイノカミトシツラ)
九代目松本幸四郎 (Koshiro Matsumoto)牧野靭負 (マキノユキエ)
稲垣吾郎 (Goro Inagaki)松平左兵衛督斉韶 (マツダイラナリツグ)
市村正親 (Masachika Ichimura)鬼頭半兵衛 (キトウハンベエ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP