特集:日本映画レトロスペクティブPart10 〜シナリオ作家・水木洋子と巨匠たち〜

戦後、日本映画の黄金期を担い、女性脚本家の草分けとして知られるシナリオ作家・水木洋子。生誕100年にあたる今年、その業績に改めて触れていく。

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

『また逢う日まで』『夫婦」(5/3〜6)『おかあさん』『安宅家の人々』(5/7〜10)『女の一生』(5/11〜14)『驟雨』『おとうと』(5/15〜18)『ひめゆりの塔』(5/19〜22)『山の音』『キクとイサム』(5/23〜26)『ここに泉あり』(5/27〜30)『あらくれ』『もず』(5/31〜6/3)『浮雲』(6/4〜7)『裸の大将』『喜劇 にっぽんのお婆ぁちゃん』(6/8〜11)『怪談』(6/12〜16)『にごりえ』(6/17〜21)『甘い汗』『婚期』(6/22〜25)を上映。


解説

※詳しくは劇場までお問い合わせください。


公開日2010年5月3日より銀座シネパトスにて
配給[特集上映]
制作国日本 (-)
ジャンルその他 
スタッフ・キャスト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP