ウィークエンド

「中国女」についで、ゴダールが描く暴力とエロティシズムに彩られた文明批評

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

主人公はふたり。彼女コリンヌは、気まぐれで浮気者。30歳になるのに5回の結婚歴がある。彼ロランは、彼女より車に惚れこみ、彼女には余り愉快な男ではない。土曜日の朝。ふたりは週末旅行に出た。出がけに隣人と大ゲンカ、ペンキ噴霧器やテニスボール、猟銃で大立回りとなった。都会を去るマイカー族の大移動−−車はえんえんと列をなし、路傍には事故を起した車と血まみれの死体もある。田舎町ではトラクターがスポーツカーに激突。運転していた男は死に、連れの女と農夫が階級論争をやり合う。コリンヌとロランが、ヒッチガールのために車をとめると、フーテンスタイルの青年がピストルをふりまわし乗りこんでくる。


解説

脚本・監督はジャン・リュック・ゴダール、撮影は「黒衣の花嫁」のラウール・クタール、音楽はアントワーヌ・デュアメル。なお製作総主任はラルフ・ボーム。出演は「モンテカルロ・ラリー」のミレーユ・ダルク、「夜霧の恋人たち」のジャン・ピエール・レオー、ジャン・イアンヌ、ポール・ジェゴフ、イヴ・アルフォンソ、ヴァレリー・ラグランジュ、特別出演としてミシェル・クルノー、アンヌ・ヴィアゼムスキーなど。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国フランス=イタリア (1967)
ジャンルドラマ 
スタッフ・キャスト監督:ジャン・リュック・ゴダール
出演:ミレーユ・ダルク/ジャン・イアンヌ/ジャン・ピエール・レオ/ジャン・ピエール・カルフォン


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
音楽

キャスト

俳優名役名
ミレーユ・ダルク (Mireille Darc)Coline
ジャン・イアンヌ (Jean Yanne)Roland
ジャン=ピエール・レオ (Jean-Pierre Leaud)Saint Just
ジャン・ピエール・カルフォン (Jean Pierre Kalfon)Both of FLSO
ヴァレリー・ラグランジュ (Valerie Lagrange)Both's Girl
ポール・ジェゴフ (Paul Gegauff)Pianist
ブランディーヌ・ジャンソン (Blandine Jeanson)Emily Bronte
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP