特集:フランス映画祭2010関連企画 アラン・レネ全作上映

フランス映画祭2010の関連企画として、2会場でアラン・レネの全作品を上映

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

<第一部>ユーロスペース
『風にそよぐ草』(3/20、3/26)『メロ』(3/20、3/26)『ミュリエル』(3/21、3/25)『戦争は終わった』(3/21、3/23)『アメリカの伯父さん』(3/21、3/24)『ヒロシマモナムール』(3/22〜23、3/25)『去年マリエンバートで』(3/22、3/25)『ベトナムから遠く離れて』(3/22、3/24)『巴里の恋愛協奏曲』(3/23、3/26)


解説

<第二部>東京日仏学院
『六つの心』(3/4、3/28)『ヴァン・ゴッホ』+『ゲルニカ』+『ポール・ゴーギャン』+『彫刻もまた死す』+『アトリエ15の秘密』(3/27〜28)『ミュリエル』(3/27)『夜と霧』+『世界のすべての記憶』+『スチレンの唄』+『シネ・トラクト第2部』(3/27〜28)『お家に帰りたい』(4/3、4/10)『プロビデンス』(4/3〜4)『慎み深い革命家、アラン・レネの方法論』(4/3、4/9)『薔薇のスタビスキー』(4/4、4/10)『人生は小説なり』(4/9〜10)『ジュ・テーム、ジュ・テーム』(4/11、4/16)『スモーキング』(4/11、4/18)『ノー・スモーキング』(4/11、4/18)『アラン・レネのアトリエ〜「恋するシャンソン」をめぐって』(4/16〜17)『恋するシャンソン』(4/16〜17)『死に至る愛』(4/17〜18)『キューバのエステバン・ゴンザレス・ゴンザレスのために』+『想像上の肖像』+『ギィ・ペラートとアラン・レネ:ガーシュインを巡る出会い』+『ガーシュイン』(4/17〜18)


公開日2010年3月20日よりユーロスペース、東京日仏学院にて
配給[特集上映]
制作国− (-)
ジャンルその他 
スタッフ・キャスト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP