鏡の中のマヤ・デレン

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

映画作家、振付家、ダンサー、詩人、人類学者など、多様な活動でアンディ・ウォーホルやジョナス・メカスなどニューヨークのアーティストに影響を与えたマヤ・デレン、本名エレアノーラ・デレンコフスカヤは、1917年、キエフの裕福なユダヤ人精神科医の家に生まれた。その後、ユダヤ人迫害が激化したため、1922年、5歳のときにアメリカに移住する。大学に進学したマヤは、ジャーナリズムや政治学を専攻する。しかし、黒人舞踊家キャサリン・ダンハムと出会い、ダンスや人類学に興味を見出す。1942年、マヤは巡業中のアメリカ西海岸で、チェコから亡命していた映像作家アレクサンダー・ハミッドと出会い、結婚する。そして翌年、2人で共同監督をして「午後の網目」を制作する。ビジュアル・アート史に決定的な影響を与えた本作では主演も果たし、神秘的な容姿で人々に強烈な印象を残している。さらにこの作品は、1947年、カンヌ国際映画祭で実験部門グランプリを受賞し、彼女の評価を決定づける。その後マヤは、ブードゥー教の研究のためハイチへ旅立つ。そこで“芸術の女神”として崇められた彼女は、その成果を著作『聖なる騎士たち』にまとめる。1961年、マヤは44歳の若さで脳溢血により亡くなる。彼女の残した6本の映画と1冊の著作は、世代を越えてあらゆるアーティストに影響を与えて続けている。


解説

カンヌ国際映画祭実験部門グランプリ受賞作品「午後の網目」ほか6本の映画によって映画史に名を残し、アンディ・ウォーホルらに影響を与えた女性監督、マヤ・デレンの人生を紐解くドキュメンタリー。監督は、「マリー・メンケンについてのノート」のマルティナ・クドゥラーチェク。ウィーン国際映画祭グランプリ受賞作品。


公開日2010年1月9日より
配給ダゲレオ出版
制作国オーストラリア チェコ スイス ドイツ (2001)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
プロデューサー
撮影
製作
編集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP