忘れられた子供たち スカベンジャー

ゴミに生活の総てを頼りながらも逞しく生きていく“スカベンジャー”の様子を記録した長編ドキュメンタリー

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

フィリピンのマニラ市の北に位置する東洋最大のゴミ捨て場にして、スラム街のスモーキータウン。その名の由来は、ゴミが自然発火して年中煙を発生させているところから来ている。ここには、再生利用が可能なゴミ、ビニールや缶、瓶などを拾い転売している“スカベンジャー”と呼ばれる人々が暮らしていた。青年JR(18歳)は、そのスカベンジャーの一人。8、9歳の頃からこの職業に就き、一人暮らしの生計をこれで立てていた。そんな彼がクリスティーナという少女と恋に落ち、二人は結婚する。子供が生まれ幸せの絶頂を迎えるはずだったが、子供が血液の病気にかかり、その薬代をめぐって二人は喧嘩の毎日。やがて別居してしまうのであった。


解説

マニラ市の北にあるゴミ捨て場・スモーキータウン。ここには、再現可能なゴミを回収しては転売し、日々の糧を得ている“スカベンジャー”と呼ばれる人々が数多く暮らしている。監督は「六本木令嬢 ふ・し・だ・ら」の四ノ宮浩。89年から6年の歳月をかけて完成された入魂の一作。シネマ・ドゥ・リール映画祭1995参加作品。カトリック中央協議会広報部推薦。文部省選定。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1995)
ジャンルドキュメンタリー 
スタッフ・キャスト監督:四ノ宮浩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP