トゥルーライズ

妻や子にも正体を隠し、家族思いの父親と凄腕の秘密諜報部員という二重生活を送るヒーローの珍無類の活躍を描いたスパイアクション・コメディ

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

政府の最高機密機関オメガ・セクターの諜報員ハリー・タスカーは、相棒のギブと共に、スイスの兵器商人の邸宅からコンピュータ・ファイルの情報を奪うことに成功。彼の正体は極秘であり、家族にはコンピュータのセールスマンということになっていた。夫がスパイとは夢にも思わぬ妻のヘレンは15年目の結婚生活に退屈さを覚え始め、14歳の娘デイルは不良少女になりかけている。ハリーの入手したファイルから、武器商人よりアラブ系のテロリスト集団″紅のジハド″へ1億ドル以上もの使途不明金が流れていることが判明。上司のトリルビーは、リーダーのアジズの身辺を洗うよう命じる。敵には国際的な古美術商と名乗る謎めいた美女ジュノーも加わっていた。ハリーとギブは追跡を開始するが、ショッピングモールで敵に襲撃されて…。


解説

1億2000万ドルの巨費を投じ、「ターミネーター2」のジェームズ・キャメロン監督とアーノルド・シュワルツェネッガーが3度コンビを組んだ超大作。米海軍の協力でハリアー戦闘機の実機が使用されたのをはじめ、アクションシーンの見せ場はたっぷり。フランス映画『La Totale』に目を付けたシュワルツェネッガーがキャメロンに企画を持ち込み、彼の監督・製作・脚本で実現。共同製作は「T2」でも監督と組んだステファニー・オースティン。撮影は「ハード・ターゲット」のラッセル・カーペンター、音楽は「T1」「T2」に続き、監督とは3作目のブラッド・フィーデル、美術は14本の「007」シリーズに参加し、「エイリアン2」に続いて監督とは2作目のピーター・ラモント。「アビス」以降、キャメロン作品に参加しているジョン・ブルーノがSFXスーパーバイザーを務め、特殊視覚効果はキャメロンが設立したデジタル・ドメイン社が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国アメリカ (1994)
ジャンルアクション コメディ
スタッフ・キャスト監督:ジェームズ・キャメロン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー/ジェイミー・リー・カーティス/トム・アーノルド/ビル・パクストン/ティア・カレル/アート・マリク/エリザ・ドゥシュク


スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕
特殊効果

キャスト

俳優名役名
アーノルド・シュワルツェネッガー (Arnold Schwarzenegger)Harry Tasker
ジェイミー・リー・カーティス (Jamie Lee Curtis)Helen Tasker
トム・アーノルド (Tom Arnold)Gib
ビル・パクストン (Bill Paxton)Simon
ティア・カレル (Tia Carrere)Juno
アート・マリク (Art Malik)Aziz
エリザ・ドゥシュク (Eliza Dushku)Dana Tasker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP