美代子阿佐ヶ谷気分

「ガロ」に連載していた伝説の漫画家の、赤裸々な生活を描く

上映スケジュール
美代子阿佐ヶ谷気分
美代子阿佐ヶ谷気分
美代子阿佐ヶ谷気分



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

美代子阿佐ヶ谷気分

1970年代初頭。漫画家の安部愼一とその恋人、美代子は、東京・阿佐ヶ谷で同棲生活を送っていた。自らの体験をもとに漫画を書くという信念のもと、安部が美代子をモデルとして「月刊漫画ガロ」に発表した「美代子阿佐ヶ谷気分」は彼の代表作となる。しかし次第に答えのない疑念に引きずり込まれていった安部は、故郷・福岡県の炭坑の記憶を辿るが、やがて、作品と私生活の境界線を見失っていく…。


解説

後のサブカルチャーに大きな影響を与えた伝説の雑誌「月刊漫画ガロ」の次世代の作家として注目を集めた安部愼一が、阿佐ヶ谷に居を構え、後の妻・美代子と同棲生活を送りながら発表した同名青春劇画を映画化。私生活に根ざした創作スタイルゆえに生じる不安、焦り、絶望を、赤裸々に映し出していく。答えのない疑念に悩む安部と、彼に寄り添う美代子の姿が、痛々しくも、ある種ストイックなまでの純愛として描かれる。主人公の安部を日本のインディーズ映画には欠かせない水橋研二が演じ、美代子を、舞台中心に活躍する町田マリーが好演。「ガロ」ゆかりの人々が多数出演、1970年代の東京・阿佐ヶ谷の空気感が、観る者を昭和の時代に誘う。


公開日2009年7月4日より渋谷シアターイメージフォーラムにて
配給ワイズ出版
制作国日本 (2009)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督・脚本:坪田義史
出演:水橋研二/町田マリー/本多章一/松浦裕也/あんじ


スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
プロデューサー
撮影監督
撮影
美術
音楽
録音
照明
スタイリスト
ヘアメイク
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
水橋研二 (Kenji Mizuhashi)安倍愼一 (アベシンイチ)
町田マリー安倍美代子 (アベミヨコ)
本多章一川本賢治 (カワモトケンジ)
松浦祐也池田溺
あんじ真知子 (マチコ)
三上寛
林静一編集長 (ヘンシュウチョウ)
佐野史郎 (Shiro Sano)松田 (マツダ)
飯島大介
飯島洋一
銀座吟八
和倉義樹
石川真希
つげ忠男
シバ (Shiva)
高野慎三
原マスミ
杉作J太郎
しまおまほ
東陽片岡
ダーティ工藤
寺本綾乃
岸野雄一
田渕純
ギャランティーク和恵
サミー前田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP