世界の歌姫

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

パリ・オペラ界の名星キティー・モネーは興業界の大立者ボオル・ド・ヴリイと結婚式を挙げる直前になって、急に気を変えて伯父とボオルを式場に置き去りにして逃げ出した。田舎道で彼女は米国の音楽家ウィンディー・マクリーンと知り合いになり、彼の明朗さに心をひかれる。翌日ウィンディーは相棒のホアモ、プッチ、笑い屋の3楽師と共に米国行きの汽船で出帆するが、キティーが彼らの船室に忍び込んで密航しているのを見てびっくりする。米国に着いた日キティーは送検されることになったが、その夜の4人のアパートへ移民局の役人が捜索に来た。気がついてみるといつの間にかキティーは4人の寝室に隠れていたのだ。彼らは関わり合になるのを恐れて当分彼女を匿ってやることになった。次の日ウィンディーの婚約者クレーアの紹介で4人組はある避暑地の料理屋に雇われた。キティーは仕方がないのでホアモの細君ということにして1同は出発した。キティーは料理屋で歌を歌い非常な喝采を受けた。ウィンディーが彼女にひきつけられたことを妬んで、クレーアは移民局に密告したので役人が現れたが、ホアモの気転で5人はうまく逃れた。キティーを誰かの妻にすれば入国許可になると考えて、4人はトランプで彼女の夫を決めた。ホアモが当選したがウィンディーは心から彼女を愛するようになっているので、ホアモも身を退いてウィンディーが結婚の申し込みをした。もちろんキティーも彼を好きなので承知した。ところがトランプで婿を決めたことが判ったのでキティーは腹を立てて4人から去り、移民局に収檻される。伯父とポウルがフランスから引き取りに来たため彼女もポウルとの結婚を承諾し、その前に米国で歌劇に出演することになる。4人は留置場でその噂を聞いた。放免された彼らはキティーのオペラを妨害しようと企てるが、彼女の美声に感嘆して何事もなし得ず、更に彼女が内心ウィンディーを愛していることを知り、彼女の乞を入れてポウルとの結婚を妨害しに行く。こうしてキティーはまたもや結婚式場でポウルと伯父を置き去りにしてウィンディーの胸に走り、5人は自動車で姿をくらました。


解説

「恋の歌」のリリー・ポンスが「シャムパン・ワルツ」「バーレスクの王様」のジャック・オーキー及び「空中散歩」「聖林裸道中」のジーン・レイモンドを相手に主演する映画で、I・ケイリー・ワンダーリー作の物語りにヒントを得てジェーン・マーフィンが原作し、「聖林裸道中」に協力したP・J・ウルフソンが「乙女よ嘆くな」のドロシー・ヨーストと協力脚色し、「聖林裸道中」「花嫁の家出」のレイ・ジェイスンが監督にあたり、「一対二」「愛情無限」のJ・ローイ・ハントが撮影した。助演者「シャムパン・ワルツ」のハーマン・ビング、「恋の歌」りルシル・ボール、「艦隊を追って」のフランク・ジェンクス、「嵐の翼」のヴィントン・ハワース等である。新作音楽はエドワード・ハイマン作詞、アーサー・シュワルツ作曲で歌劇その他の名曲も歌われる。


配給RKOラジオ
制作国アメリカ (1936)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
音楽

キャスト

俳優名役名
リリー・ポンス (Lily Pons)Nikki_Monet
ジーン・レイモンド (Gene Raymond)Windy_MacLean
ジャック・オーキー (Jack Oakie)Whammo
ハーマン・ビング (Herman Bing)Hammacher
ルシル・ボール (Lucille Ball)Claire
ミッシャ・オウア (Mischa Auer)Butch
フランク・ジェンクス (Frank Jenks)Laughing_Boy
パトリシア・ワイルダー (Patricia Wilder)Hat_Check_Girl
ヴィントン・ハワース (Vinton Haworth)Reporter
ウィラード・ロバートソン (Willard Robertson)Immigration_Officer
グレゴリー・ゲイ (Gregory Gaye)Paul_de_Vry
フェルディナンド・ゴットシャルク (Ferdinand Gottschalk)Uncle
ラファエラ・オッティアノ (Rafaela Ottiano)Marie
ハリー・ジャンス (Harry Jans)Purser
Edward Price (Edward Price)Ship's_Captain
アレック・クレイグ (Alec Craig)Justice_of_the_Peace
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP