東京暮色

父を裏切って家出した母を求める娘の激情を描く

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

停年もすぎて今は監査役の地位にある銀行家杉山周吉は、都内雑司ケ谷の一隅に、次女の明子とふたり静かな生活を送っていた。長女の孝子は評論家の沼田康雄に嫁いで子供もあり、あとは明子の将来さえ決まれば一安心という心境の周吉だが最近では心に影が芽生えていた。それは明子の帰宅が近頃ともすれば遅くなりがちでしかもその矢先姉娘の孝子までが沼田のところから突然子供を連れて帰ってきたからだ。−−明子には彼女より年下の木村憲二という秘かな恋人があった。母親がいない寂しさが、彼女をそこへ追いやったのだが、憲二を囲む青年たちの奔放無頼な生活態度に魅力を感じるようにいつかなっていた。


解説

「早春」以来、久々に登場する小津安二郎、野田高梧のコンビが執筆した脚本から小津が監督した話題作。父を裏切って家出した母を求める娘の激情を描く。撮影は「あなた買います」の厚田雄春。主演は「白磁の人」の有馬稲子、「大番」の原節子、「暴れん坊街道」の山田五十鈴、「顔(1957)」の笠智衆。ほかに「情痴の中の処女 天使の時間」の高橋貞二、「近くて遠きは」の杉村春子、「正義派」の田浦正巳、それに山村聡、信欣三、中村伸郎、宮口精二、浦辺粂子、三好栄子、藤原釜足、増田順二、長岡輝子のヴェテラン。菅原通済が特別出演している。 ダイスが明日を呼ぶ」の岩佐一泉。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1957)
ジャンルドラマ 
スタッフ・キャスト監督:小津安二郎
出演:笠智衆/有馬稲子/信欣三/原節子/森教子


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
笠智衆 (Ryu Chishu)杉山周吉
有馬稲子 (Ineko Arima)杉山明子
信欣三沼田康雄
原節子 (Hara Setsuko)沼田孝子
森教子沼田道子
中村伸郎相島栄
山田五十鈴 (Isuzu Yamada)相島喜久子
杉村春子竹内重子
山村聡 (Soh Yamamura)関口積
田浦正巳木村憲二
須賀不二男富田三郎
高橋貞二川口登
長谷部朋香松下昌太郎
山本和子前川やす子
菅原通済菅井の旦那
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)下村義平
三好栄子女医笠原
宮口精二 (Seiji Miyaguchi)刑事和田
長岡輝子家政婦富沢
浦辺粂子小松の女主人
田中春男小松の客
島村俊雄「お多福」のおやじ
桜むつ子バアの女給
増田順二バアの客
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP