コレラの時代の愛 PG-12

ガルシア=マルケスの傑作を、ハビエル・バルデム主演で映画化

上映スケジュール
コレラの時代の愛
コレラの時代の愛
コレラの時代の愛



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

コレラの時代の愛

事故で夫を亡くし、傷心で葬儀に臨む老いたフェルミナのもとにフロレンティーノが現われ「この日を待っていた。ずっと愛していたんだ」と告げた。1897年のコロンビア・カルタヘナ。郵便局員のフロレンティーノは、配達先の令嬢フェルミナと恋に落ちる。しかし、娘を裕福な名士のもとに嫁がせたい父によって引き裂かれてしまう。その後、フェルミナが医師フニベルと結婚した事を聞き、何年でも彼女を待ち続けると心に誓う…。


解説

コロンビアが誇るノーベル文学賞作家、ガルシア=マルケスの同名の名著を映画化。内戦とコレラの蔓延に揺れる19世紀後半から20世紀初めにかけてのコロンビアを舞台に、愛を貫いた男の壮大な人生を描いた一代記。オスカー受賞が記憶に新しいスペイン人俳優、ハビエル・バルデムが、老年期までメイクを施して名演を見せている。主人公が想い続けるヒロイン・フェルミナを演じたイタリアの新進女優、ジョヴァンナ・メッツォジョルノの美しさも忘れ難く、その他、脇役まで適材適所のキャストは多彩。また、原作の醸す雰囲気をそのまま表現するために、実際にカルタヘナで撮影したという。街並の美しさにも注目してほしい。


公開日2008年8月9日よりシャンテシネ、Bunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開
配給ギャガ・コミュニケーションズ
制作国アメリカ (2007)
ジャンルラブ・ストーリー ドラマ
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督:マイク・ニューウェル
出演:ハビエル・バルデム/ジョヴァンナ・メッツォジョルノ/ベンジャミン・ブラット/カタリーナ・サンディノ・モレノ/ヘクター・エリゾンド


スタッフ

監督
脚本
原作
プロデューサー
撮影監督
編集

キャスト

俳優名役名
ハビエル・バルデム (Javier Bardem)Florentino Ariza (フロレンティーノ・アリーサ)
ジョヴァンナ・メッツォジョルノ (Giovanna Mezzogiorno)Fermina Urbino (フェルミーナ・ダーサ)
ベンジャミン・ブラット (Benjamin Bratt)Dr. Juvenal Urbino (フベナル・ウルビーノ)
カタリーナ・サンディノ・モレノ (Catalina Sandino Moreno)Hildebranda (ヒルデブランダ・サンチェス)
ヘクター・エリゾンド (Hector Elizondo)Don Leo (ドン・レオ)
リーヴ・シュレイバー (Liev Schreiber)Lotario Thugut (ロタリオ・サーゴット)
フェルナンダ・モンテネグロ (Fernanda Montenegro)Transito Ariza (トランシト・アリーサ)
ローラ・エレナ・ハリング (Laura Elena Harring)Sara Noriega (サラ・ノリエガ)
ジョン・レグイザモ (John Leguizamo)Lorenzo Daza (ロレンソ・ダーサ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP