マスク

人間の潜在的欲望を引き出す古代の仮面をつけた青年が、謎の怪人マスクとなって大活躍

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

さえない銀行マンのスタンリーは、気は優しいが小心者で女の子にモテない。楽しみといえば、「バックス・バニー」など往年のカートゥーンをビデオで観ること。ある日、彼は銀行で、ナイトクラブ“ボンゴ・ボンゴ”のセクシーな歌姫ティナと出会い、ひと目で恋に落ちる。彼女は銀行強盗を企むヤクザな恋人ドリアンに強いられて、銀行の内部をカメラに収めに来ていた。その日、勤務を終えたスタンリーは川で古ぼけた仮面を見つけて拾う。スタンリーが家に帰り何気なく仮面を付けると、それはゴムのように顔に吸いつき、竜巻が起こった。超スピードで回転した彼は、緑色の頭に黄色のハデなスーツを着た怪人〈スタンリー・ザ・マスク〉に変身していた…。


解説

ダークホース・コミックス社のマイケル・ファーロンとマーク・ヴァーヘイデンによる同名のカルトコミックを、発想とキャラクターを借りてマイク・ワーブが脚色。監督には「ブロブ 宇宙からの不明物体」で50年代SF映画の味わいを再現したチャールズ・ラッセルがあたった。主演は初主演作「エース・ベンチュラ」でスターダムにのし上がったジム・キャリーで、得意の顔面七変化をはじめ、その爆笑パフォーマンスの数々が見もの。共演は、セクシーなヒロイン役にモデル出身で、本作が映画初出演のキャメロン・ディアス、「ローカルヒーロー 夢に生きた男」のピーター・リーガート、「ロビン・フッド キング・オブ・タイツ」のエイミー・ヤスベックほか。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国アメリカ (1994)
ジャンルコメディ SF/ファンタジー アクション
スタッフ・キャスト監督:チャールズ・ラッセル
出演:ジム・キャリー/キャメロン・ディアス/ピーター・リガート/ピーター・グリーン/エイミー・ヤスベック


スタッフ

監督
脚本
原案
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
音楽監修
編集
衣装デザイン
字幕
特殊効果
アニメーション
特殊メイク

キャスト

俳優名役名
ジム・キャリー (Jim Carrey)Stanley Ipkiss/The Mask
キャメロン・ディアス (Cameron Diaz)Tina Carlyle
ピーター・リガート (Peter Riegert)Lt. Mitch Kellaway
ピーター・グリーン (Peter Greene)Dorian
エイミー・ヤスベック (Amy Yasbeck)Peggy Brandt
リチャード・ジェニ (Richard Jeni)Charlie Schumaker
オレステス・マタセーナ (Orestes Matacena)Niko
ティム・バグレー (Tim Bagley)Irv
ナンシー・フィッシュ (Nancy Fish)Mrs. Peenman
マックス(犬) (MAX)Milo/The dog
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP