花影

キム・レウォンの笑顔が眩しいラブ・ストーリー

上映スケジュール
花影
花影
花影



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

花影

宝石デザイナーの五木尚美は新規出店会議のためプサンを訪れるが、高飛車な態度で破談に。在日三世の彼女は、帰国前に祖先の墓参りをするため“風の丘”へ足を運ぶ。そこで教師のソン・スンウと出会う。彼は尚美に一目ぼれしてしまう。帰国後、不倫関係にあったカメラマン土門から突然、別れを告げられる。追い打ちをかけるかのように明らかになる不倫スキャンダル。傷心の尚美はしばらく身を隠すため、奈良の実家に帰るのだった。


解説

『異人たちとの夏』などで知られる名脚本家・市川森一の原作を、相米慎二監督、崔洋一監督らのもとで助監督を務めたキャリアのある河合勇人が監督(本作が初監督)したラブ・ストーリー。仕事に恋に邁進しすぎて、どこか他者を遠ざけてしまいがちなヒロインが、ひとりの韓国人青年との出会いを通して自身のルーツを意識し始め、心の成長を遂げていく様を温かく見つめた好編だ。韓国人青年を演じるのは『マイ・リトル・ブライド』などに出演、“100万ドルの笑顔”キム・レウォン。その期待を裏切らないナイスガイぶりは、ファンには堪らないだろう。また、韓国人俳優相手でもなんら引けをとらない山本未來の流暢な韓国語にも注目だ。


公開日2008年3月8日よりシネマート六本木、K’s cinemaほか全国にて順次公開
配給アステア
制作国日本 (2007)
ジャンルラブ・ストーリー ドラマ
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督:河合勇人
原作・脚本:市川森一
出演:山本未來/キム・レウォン/石黒賢/戸田恵子/パク・ジョンス


スタッフ

監督
脚本
原作
エグゼクティブプロデューサー
製作
プロデューサー
制作統括
撮影
撮影助手
美術
小道具
装飾
音楽
音楽プロデューサー
主題歌・歌
録音
録音助手
光学録音
整音
スタジオエンジニア
音響効果
照明
照明助手
編集
編集助手
スタイリスト
ヘアメイク
HDリアルタイムレコーダー
ラボコーディネイト
VE
オンラインエディター
カラリスト
主題歌・作詞
主題歌・作曲
主題歌・編曲
演奏
選曲
音楽ミキサー
アソシエイトプロデューサー
製作デスク
制作担当
製作部 釜山
製作部 大阪
製作進行
監督補
助監督
監督助手
スクリプター
スタイリスト助手
音響効果助手
タイミング
美術協力
美術応援
劇中 尚美のデッサン画
タイトル
字幕制作
字幕監修
スチール
メイキング
車輌
韓国コーディネイター
韓国語通訳
美術通訳
釜山車輌
釜山製作部応援
韓国ロケ応援
「花影」フィルムパートナーズ ビーワイルド
「花影」フィルムパートナーズ トゥモロゥー
「花影」フィルムパートナーズ 関西テレビ
「花影」フィルムパートナーズ アジアンブルームス

キャスト

俳優名役名
山本未來五木尚美 (イツキナオミ)
キム・レウォン (Kim Rae-won)ソン・スンウ (ソン・スンウ)
戸田恵子 (Toda Keiko)江崎絹代 (エザキキヌヨ)
パク・ジョンス (Park Jeong-Soo)ソン・ユナ (ソン・ユナ)
笹野高史 (Takashi Sasano)五木宗一郎 (イツキソウイチロウ)
片岡静香
竹下明子
伴杏里
山田雅人
柄本明 (Akira Emoto)不動産屋主人 (フドウサンヤシュジン)
佐藤浩市 (Koichi Sato)舞台監督 (ブタイカントク)
石黒賢 (Ken Ishiguro)土門竜 (ドモンリュウ)
キム・ウンス (Kim Eung-soo)
千葉実裸
ナカタニミナミ
金英雄
沈昌洙
金鎭優
朴銀洪
朴武學
李海潭
福詩家たろう
桐生シーナ
大下真志
華野もか
藺森誠
山口亜弥
井戸端健一
たかはしみほ
山本喜美恵
秋本きょう子
杉野智子
近藤慶一
玉垣裕司
濱田亮平
青柳花香
郷良祐
岩崎幸子
明希
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP