バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び

20世紀のアートに大きな影響を与えた伝説のバレエ団「バレエ・リュス」。その歴史を追うドキュメンタリー

上映スケジュール
バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び
バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び
バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び

1929年、ディアギレフ率いる伝説のバレエ団、バレエ・リュスは彼の死と共に解散した。しかし2年後、ディアギレフの最後の振付師だったジョージ・バランシンを芸術監督に、バレエ・リュスは再出発する。芸術監督がマシーンに替わると、ダニロワやゾリッチといったスターを抱えたバレエ団は人気を高め、米国でも成功を収める。やがてバレエ団は2つに分裂。そして大戦の勃発はバレエ団の運命を変えていくのだった。


解説

20世紀初頭に、パリを中心に成功を収めた「バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)」は、ニジンスキーという天才ダンサーの他にも、ピカソ、コクトー、サティ、ローランサン、シャネル、デ・キリコといった当時の最先端のアーティストたちがその舞台に参加した事で、アート史上に名を残した。しかしこのドキュメンタリーは、日本ではあまり知られていないディアギレフ以降のバレエ団の歴史を中心に描いている。実はバレエ・リュスはアメリカという新天地で、多くの種を蒔き、その成果を実らせていたのだ。2000年に行われた、元団員の「同窓会」の模様は感動的。また、当時バレエ団に所属していた多くのダンサーたちによる証言は貴重だ。


公開日2007年12月15日よりシネマライズ、ライズXほか全国にて順次公開
配給ファントム・フィルム
制作国アメリカ (2005)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督・製作・編集・脚本:ダニエル・ゲラー/デイナ・ゴールドファイン
出演:アリシア・マルコワ/イリナ・バロノワ/ナタリー・クラフスカ/フレデリック・フランクリン


スタッフ

監督
脚本
追加脚本
プロデューサー
撮影監督
音声録音
録音
サウンドミックス
編集
編集コンサルタント
追加編集
オリジナルスコア
アシスタント・プロデューサー
ナレーター
コンサルティング・プロデューサー
脚本コンサルタント
追加リサーチ
フォト・レタッチ

キャスト

俳優名役名
レイヴン・ウィルキンソン (Raven Wilkinson)Herself (※本人出演)
ナタリア・クラソフスカ (Nathalie Krassovska)Herself (※本人出演)
イボンヌ・クレイグ (Yvonne Craig)Herself (※本人出演)
ロシェル・ザイド (Rochelle Zide)Herself (※本人出演)
イヴォンヌ・シュートゥ (Yvonne Chouteau)Herself (※本人出演)
タチヤナ・ステパノワ (Tatiana Stepanova)Herself (※本人出演)
ミア・スラヴェンスカHerself (※本人出演)
ジョージ・ゾリッチ (George Zoritch)Himself (※本人出演)
タマラ・チネロバ・フィンチ (Tamara Tchinarova Finch)Herself (※本人出演)
ニニ・テイラード (Nini Theilade)Herself (※本人出演)
ミゲール・テレホフ (Miguel Terekhov)Himself (※本人出演)
マリア・トールチーフ (Maria Tallchief)Herself (※本人出演)
ニーナ・ノヴァク (Nina Novak)Herself (※本人出演)
イリナ・バロノワ (Irina Baronova)Herself (※本人出演)
アラン・ハワード (Alan Howard)Himself (※本人出演)
ウェイクフィールド・プール (Wakefield Poole)Himself (※本人出演)
マーク・プラット (Marc Platt)Himself (※本人出演)
ターニャ・リャブシンスカ (Tatiana Riabouchinska)Herself (※本人出演)
フレデリック・フランクリン (Frederic Franklin)Himself (※本人出演)
“デイム”アリシア・マルコワ (Dame Alicia Markova)Herself (※本人出演)
アレクサンドラ・ダニロワ (Alexandra Danilova)Herself (※本人出演)
タマラ・トゥマノヴァ (Tamara Toumanova)Herself (※本人出演)
レオニード・マシーン (Leonide Massine)Himself (※本人出演)
ジョージ・バランシン (George Balanchine)Himself (※本人出演)
ワシーリィ・ド・バジル大佐 (Vassily de Basil)Himself (※本人出演)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP