遠くの空に消えた

信じないかもしれないけど、僕の少年時代に本当にあった物語

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

遠くの空に消えた

緑が広がるのどかな村に、都会から一人の少年が転校してきた。おかしなギャングの集団がいたり、怪しげなバーがあったりと、一風変わった村だったが、住民たちは皆幸せに暮らしていた。その平和な村に空港建設の話が持ち上がり、反対する村人たちは建設会社と争っていた。実は、少年の父親は、空港建設のために、村に転勤してきたのだった。村の人々に溶け込み、冷徹な父親に反発していた少年は、悪ガキ仲間とある作戦を思いつく。


解説

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が7年かけて脚本を仕上げた、懇親の作品。でも、“セカチュウ”や『北の零年』とは、一味違う。大人になった主人公(柏原崇が友情出演!)の少年時代を回想していくのだが、映像はモノクロっぽくもノスタルジックでもない。ディズニーアニメに登場するようなヘンテコなバーがあったり、村人たちはポップでおしゃれだったり。子供の目線で頭に焼きついた少年時代を、そのまま映像化したような作品。「何かを信じられなくなった時にパワーをくれる映画を作りたかった」と監督が言っているように、子供の心を持ち続けようとしている大人に観て欲しい意欲作。神木隆之介はじめ、主演の少年たちが眩しい。


公開日2007年8月18日より渋谷東急ほか全国松竹・東急系にて
配給ギャガ・コミュニケーションズ
制作国日本 (2007)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督・脚本:行定勲
出演:神木隆之介/大後寿々花/ささの友間/小日向文世/伊藤歩/長塚圭史/チャン・チェン/石橋蓮司/大竹しのぶ/三浦友和


スタッフ

監督
脚本
脚本協力
エグゼクティブプロデューサー
製作
製作エクゼクティブ
プロデューサー
撮影
美術
装飾
音楽
主題歌
録音
整音
照明
編集
衣裳デザイン
ヘアメイク
キャスティング
アソシエイトプロデューサー
製作担当
助監督
スクリプター
VFXプロデューサー
VFXスーパーバイザー
スチール

キャスト

俳優名役名
神木隆之介 (Ryunosuke Kamiki)楠木亮介
大後寿々花 (Ogo Suzuka)拍手ヒハル
ささの友間土田公平
小日向文世 (Fumiyo Kohinata)土田信平
鈴木砂羽 (Sawa Suzuki)土田スミ
伊藤歩 (Ito Ayumi)サワコ先生
長塚圭史 (Keishi Nagatsuka)赤星
田中哲司 (Tetsushi Tanaka)トバ
笹野鈴々音
六角慎司
森下能幸 (Yoshiyuki Morishita)
三浦誠己
中野英樹
山中崇
棚橋ナッツ
岡田ひかり
神楽坂恵
加藤みずき
横山あきお
大口広司
中島ひろ子 (Nakajima Hiroko)
でんでん (Denden)
柏原崇 (Takashi Kashiwabawa)大人になった亮介
高橋真唯 (Takahashi Mai)
キタキマユ
富永沙織
傳田怜時
チャン・チェン (Chang Chen)スミス提督
杉山大喜
椿直
岡本拓朗
小林奨
田口雄一
クリスチャン・ストームズ
千うらら
山崎一
ラッキィ池田
石橋蓮司 (Renji Ishibashi)地主の天童
大竹しのぶBAR「花園」のママ
三浦友和 (Tomokazu Miura)楠木雄一郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP