石の微笑 R-15

ファムファタールに溺れていく青年を描く、官能的なミステリー

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

石の微笑

母親と2人の妹と暮らすフィリップはナイーブな美青年。あるとき妹の結婚式で花嫁の付添人をつとめたセンタに出会い、心惹かれる。彼女もまたフィリップを運命の人と確信し、2人は情熱的に愛し合うようになる。センタは古びた屋敷の地下に住んでおり、フィリップはミステリアスなセンタの魅力に溺れていく。あるときセンタは愛の証として人を殺すことを提案する。冗談だと取り合わなかったフィリップだったが、やがて恐ろしい事件が…。


解説

ヌーヴェルヴァーグの巨匠クロード・シャブロル監督による、官能のサスペンス。原作は、人気ミステリー作家ルース・レンデルの小説で、サスペンスの名手といわれるシャブロル監督が、情熱的な愛がもたらす恐ろしい結末を描く。魅惑的な女性の虜になっていく主人公を演じるのは、フランス映画界の貴公子ブノワ・マジメル。ファムファタール(運命の女)ともいうべき女性を演じているのは、ジョニー・アリディとナタリー・バイを両親に持つ新進女優ローラ・スメット。彼女の美しく無垢な表情がどこか恐ろしい。またフィリップが「フローラ」と名付けられた彫像を愛するなど、フェティッシュな描写も見られ、ヨーロッパ映画らしいテイストになっている。


公開日2007年6月30日よりQ−AXシネマ(レイト)にて
配給CKエンタテインメント【kinetique】
制作国フランス (2004)
ジャンルスリラー/サスペンス 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督:クロード・シャブロル
原作:ルース・レンデル
出演:ブノワ・マジメル/ローラ・スメット/オーロール・クレマン


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
音楽
編集
衣装デザイン

キャスト

俳優名役名
ブノワ・マジメル (Benoit Magimel)Philippe Tardieu (フィリップ)
ローラ・スメット (Laura Smet)Stephanie "Senta" Bellange (ステファン・"センタ″・ベランジェ)
オロール・クレマン (Aurore Clement)Christine (クリスティヌ)
ベルナール・ル・コック (Bernard Le Coq)Gerard Courtois (ジェラル・クルトワ)
ソレーヌ・ブトン (Solene Bouton)Sophie Tardieu (ソフィ・タルデュ)
ミシェル・デュショソワ (Michel Duchaussoy)Le clochard (浮浪者)
シュザンヌ・フロン (Suzanne Flon)Madame Crespin (クレスピン夫人)
エリーク・セーニュ (Eric Seigne)Jacky (ジャッキ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP