マイ・シネマトグラファー

ハリウッドで名を馳せた名撮影監督。ハスケル・ウェクスラーの姿に迫ったドキュメンタリー

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

マイ・シネマトグラファー

『バージニア・ウルフなんかこわくない』『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』で2度アカデミー撮影賞を受賞している伝説の撮影監督、ハスケル・ウェクスラー。卓越したカメラワークで、数々の名シーンを撮ってきた彼が80歳になった時、息子マークは父にカメラを向ける。ジョージ・ルーカス、マイケル・ダグラス、ロン・ハワード、シドニー・ポワチエetc、ハリウッドの大物たちが語る伝説のシネマトグラファーの真実とは…。


解説

ハスケル・ウェクスラーの2番目の妻の子であり、ジャーナリストであるマーク・ウェクスラーが迫ったドキュメンタリー。『夜の大捜査線』『カッコーの巣の上で』など、映画史に残る名作の撮影監督を務め、自らも『アメリカを斬る』『ラティノ』などの社会派作品の脚本・監督も手がけた。技術的な事はもちろん、興味深いのはその人柄。バイタリティにあふれ、頑固で信念を曲げない事から、人との衝突も多かった。現在3度目の結婚をしているハスケルと、2番目の妻の子のマークの関係も、当然難しいもの。それゆえに、この映画は単なるハリウッドの仕事を紹介するものではなく、父親との関係を見つめ直し、その人間性に深く迫るものになっている。


公開日2007年1月20日よりQ-AXシネマ(モーニング&レイト)にて
配給グラッシィ
制作国アメリカ (2004)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト製作・監督・撮影・ナレーション:マーク・S・ウェクスラー
出演:ビリー・クリスタル/マイケル・ダグラス/ジェーン・フォンダ/ミロス・フォアマン


スタッフ

監督
脚本
製作
製作補
撮影
音楽
編集
ナレーション
日本語字幕

キャスト

俳優名役名
ビル・バトラー (Bill Butler)Himself (※本人出演)
ビリー・クリスタル (Billy Crystal)Himself (※本人出演)
マイケル・ダグラス (Michael Douglas)Himself (※本人出演)
ジェーン・フォンダ (Jane Fonda)Herself (※本人出演)
ミロシュ・フォアマン (Milos Forman)Himself (※本人出演)
デニス・ホッパー (Dennis Hopper)Himself (※本人出演)
ロン・ハワード (Ron Howard)Himself (※本人出演)
ノーマン・ジュイソン (Norman Jewison)Himself (※本人出演)
エリア・カザン (Elia Kazan)Himself (※本人出演)
アーヴィン・カーシュナー (Irvin Kershner)Himself (※本人出演)
ジョージ・ルーカス (George Lucas)Himself (※本人出演)
ポール・ニューマン (Paul Newman)Himself (※本人出演)
シドニー・ポワチエ (Sidney Poitier)Himself (※本人出演)
ジュリア・ロバーツ (Julia Roberts)Herself (※本人出演)
マーティン・シーン (Martin Sheen)Himself (※本人出演)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP