愛の流刑地

「愛しているなら、私を殺して」―究極の愛の果てに、男と女が選んだ道とは…

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

愛の流刑地

ベストセラー作家、村尾菊治は長年のスランプに悩まされていた。妻と別居して10年以上経ち、今は大学の講師で生計を立てていた。ある日、雑誌記者の魚住から京都に呼び出され、冬香を紹介される。一目で恋に落ちた二人。村尾は冬香と数時間の逢瀬のために京都へと通った。夫と子供を持つ従順な女である冬香は、最初はためらうが、村尾との逢瀬を楽しむようになる。やがて冬香の行動は徐々におかしくなり…。


解説

日経新聞に連載され、“愛ルケ”現象を巻き起こした渡辺淳一原作の同名のベストセラーの映画化。『失楽園』に続き、ハードな濡れ場シーンが話題だ。「多くの女性に観て欲しい」と、完成披露で寺島しのぶが言っていたが、男女の究極の愛を描いているように見せて、実は衝撃の結末が用意されている。法廷での村尾の言動から、二人の愛が見返りを求めない純粋なものであったように思われるが、ラスト数秒で全てがひっくり返るのである。詳細は割愛するが、女は常にしたたかだという事か。出演は豊川悦司、寺島しのぶ、長谷川京子、富司純子ほか。これが長編デビュー作となる監督の鶴橋康夫は、ドラマ演出歴40年のベテランだ。


公開日2007年1月13日より日劇2ほか全国東宝系にて
配給東宝
制作国日本 (2006)
ジャンルラブ・ストーリー 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督:鶴橋康夫
原作:渡辺淳一
主題歌:平井堅
出演:豊川悦司/寺島しのぶ/長谷川京子/仲村トオル/富司純子


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
製作
製作統括
製作担当
プロデューサー
協力プロデューサー
撮影
美術
音楽
主題歌
録音
照明
編集
助監督
プロダクション統括
技術

キャスト

俳優名役名
豊川悦司 (Etsushi Toyokawa)村尾菊治
寺島しのぶ (Shinobu Terajima)入江冬香
長谷川京子 (Hasegawa Kyoko)織部美雪
仲村トオル (Toru Nakamura)入江徹
佐藤浩市 (Koichi Sato)脇田俊正
陣内孝則 (Takanori JInnai)北岡文弥
浅田美代子魚住祥子
佐々木蔵之介 (Kuranosuke Sasaki)稲葉喜重
貫地谷しほり (Kanjiya Sihori)村尾高子
松重豊 (Yutaka Matsushige)関口重和
本田博太郎 (Hirotaro Honda)久世泰西
余貴美子 (Kimiko Yo)菊池麻子
富司純子 (Sumiko Fuji)木村文江
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)中瀬宏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP