スター・トレック2 カーンの逆襲

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

23世紀。エンタープライズ号のブリッジを模したセットで、訓練生のトレーニングが行なわれていた。船長をつとめるのは、バルカン星人とロミュラン星人の混血女性のサーヴィク(カースティ・アレイ)。今日はジム・カーク提督(ウィリアム・シャトナー)の誕生日、スポック(レナード・ニモイ)は本をおくり、船医のマッコイ(デフォレスト・ケリー)は、「デスクワークではなく、宇宙船の指揮をとるように」と忠告する。セティ・アルファV星で生物の存在が感知され、リライアント号のテレル艦長とチェコフ副長が調査におもむく。そこで、2人は数十人のグループに囲まれる。彼らのリーダー、カーン(リカルド・モンタルバン)は20世紀の優生人間で、宇宙を漂流していたところをエンタープライズに救助されたが、恩知らずにもエンタープライズを乗っ取ろうとして失敗。15年前にこの星に追放され、以来、カーンは復讐の思いに燃えていたのだ。その頃、カーンはエンタープライズ号の閲兵をしていた。ジェネシス計画の責任者キャロル・マーカス博士(ビビ・ベシュ)の連絡が途中でとだえたことから、カークが調査のためエンタープライズの指揮をとることになった。ジェネシス計画とは、無生物状態から生物を創り出すというもので、最終段階では惑星全体で実験されることになっていた。エンタープライズ号は、リライアント号からの攻撃を受けるが、カークの素早い判断で逃走に成功。カーク、サーヴィクらは空間移動して、マーカス博士らのいる小惑星レギュラーに移る。カークはそこでキャロルとの間に生まれた息子デイヴィッドに会う。テレルはカーンの命令を受けてカークを殺そうとするが、できず、自殺する。やがて、カークらはエンタープライズ号にもどった。エンタープライズとリライアントは、ともにムタラ星雲に入り、戦う。カークの頭脳プレイでリライアント号を撃破。だが、エンタープライズの主カパワーがやられた。カーンがジェネシスを爆発させた。これに巻きこまれると、エンタープライズも終りだ。スポックは放射能を浴びながら、エンジンを修理する。スポックの尊い自己犠牲により、エンタープライズは救われた。スポックの棺は、ジェネシスのおかげで生まれ変わった星に漂着するのだった。


解説

カークに積年の恨みをはらそうと、悪玉カーンが襲いかかって来た。「スター・トレック」(79)に続くシリーズ第2作。エクゼクティヴ・プロデューサーは、TVから転向したハーヴ・ベネット。製作はロバート・サリン、監督は作家出身で「タイム・アフター・タイム」のニコラス・メイヤー。ハーヴ・ベネットとジャック・ソワーズが、TVシリーズの一挿話「宇宙の帝王」に基づいて練った原案をソワーズが脚本化。撮影はゲイン・レシャー、音楽はジェームズ・ホーナーが担当。特殊視覚効果はジム・ヴェイルとケン・ラルストンの指揮の下に、ルーカスフィルムの傍系インダストリアル・ライト&マジックで撮影された。TVシリーズのクリエイターで、第一作の製作者であるジーン・ロッデンベリーが、特別コンサルタントとして参加している。出演はウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、デフォレスト・ケリー、ジョージ・タケイらのシリーズ・レギュラーに加えて、リカルド・モンタルバン、カースティ・アレイ、ビビ・ベシュらが出演している。


公開日1983年2月19日より
配給パラマウント作品=CIC
制作国アメリカ (1982)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
特別コンサルト
脚本
製作総指揮
製作
TVシリーズ創作
撮影
プロダクションデザイン
美術
音楽
編集
衣裳
特殊視覚効果スーパーバイザー
字幕

キャスト

俳優名役名
ウィリアム・シャトナー (William Shatner)Jim_Kirk
レナード・ニモイ (Leonard Nimoy)Spock
デフォレスト・ケリー (DeForest Kelley)Dr.McCoy
ジェームズ・ドゥーハン (James Doohan)Scott
ウォルター・ケーニッグ (Walter Koenig)Chekov
ジョージ・タケイ (George Takei)Sulu
ニシェル・ニコルズ (Nichelle Nichols)Uhula
ビビ・ベシュ (Bibi Besch)Dr.Carol_Marcus
ポール・ウィンフィールド (Paul Winfield)Capt.Terrell
カースティ・アレイ (Kirstie Alley)Lt.Saavik
リカルド・モンタルバン (Ricardo Montalban)Khan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP