イノセント

監督は『家族の肖像』のルキノ・ヴィスコンティで、本作は彼の遺作にあたる。

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

20世紀のローマ。今しも、ある貴族の館でコンサートが開かれようとしていた。当夜の主役、トゥリオ伯爵は社交界にゴシップを提供している男だった。妻のジュリアーナとは結婚して数年たつが、愛はさめていた。彼は、ここしばらく、男を虜にせずにはおかない未亡人の公爵夫人、テレザに夢中だった。そして、ジュリアーナにしばしの別れをつげ、テレザを連れてフィレンツェへと旅立った。一方、ローマの邸宅には、弟のフェデリコが里帰りしてきた。彼は友達で作家のフィリポを連れてきたが、いつしかジュリアーナとフィリポは互いに惹かれ合うものを感じるようになる。


解説

20世紀初めの、イタリア貴族社会の絢爛たる文化を背景に、男女の愛憎を中心に人間の本質、人生を描く。製作はジョヴァンニ・ベルトルッチ、監督は『家族の肖像』のルキノ・ヴィスコンティで、これは彼の遺作にあたる。ガブリエレ・ダヌンツィオの原作をスーゾ・チェッキ・ダミーコが脚色。撮影はパスカリーノ・デ・サンティス、音楽はフランコ・マンニーノ、美術はマリオ・ガルブリア、衣裳はピエロ・トージが各々担当。出演は『流されて…』のジャンカルロ・ジャンニーニ、ラウラ・アントネッリ、ジェニファー・オニール、マルク・ポレル、ディディエ・オードパン、リナ・モレリ、マリー・デュボアなど。日本語版監修は岡枝慎二。テクニカラー、テクニスコープ。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国イタリア (1975)
ジャンルドラマ 
スタッフ・キャスト監督:ルキノ・ヴィスコンティ
出演:ジャンカルロ・ジャンニーニ/ラウラ・アントネッリ/ジェニファー・オニール


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
衣装デザイン
字幕監修

キャスト

俳優名役名
ジャンカルロ・ジャンニーニ (Giancarlo Giannini)Tullio
ラウラ・アントネッリ (Laura Antonelli)Giuliana
ジェニファー・オニール (Jennifer O'Neill)Tresa
マルク・ポレル (Marc Porel)Filippo
ディディエ・オードパン (Didier Haudepin)Federico
リナ・モレリ (Rina Morelli)Mother
マリー・デュボア (Marie Dubois)Special Appearance
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP