トゥモローワールド

子どものいない世界で、未来を求めて戦う男と、未来へのキーとなる少女……

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

西暦2027年。ロンドンには移民が溢れ、当局は移民たちを厳しく取り締まっていた。街にはテロが横行し、全てが殺伐としていた。18年間、人類には子どもが誕生しておらず、人々は未来のない世界を生きていた。ある日、エネルギー省官僚のセオは、元妻・ジュリアンが率いる地下組織FISHに拉致される。彼らはセオを利用し、人類救済組織“ヒューマン・プロジェクト”に、人類の未来を担う一人の少女を届けようとしていたのだ……。


解説

英国作家界の女王P.D.ジェイムズの「The Children of Men(人類の子供たち)」を映画化した本作。子どもたちの声の聞こえない、銃弾の飛び交う荒んだ未来の世界を描いている。その世界には、テロや銃撃戦、裏切りが満ち満ちている。圧倒的な質量で描く銃撃戦のすさまじさには、思わず圧倒されてしまうはずだ。特筆すべきはアルフォンソ・キュアロン監督が徹底的にこだわったという8分間の長回しのシーン。完璧な計算とスタッフ・キャストの連携がなければ実現不可能なこのシーンだけでも、この映画を観る価値はあるだろう。なぜ、子どもたちが生まれなくなってしまったのか……、今を生きる私たちに深いテーマを投げかけてくる一作だ。


公開日2006年11月18日より日劇1ほか全国にて
配給東宝東和
制作国アメリカ=イギリス (2006)
ジャンルSF/ファンタジー スリラー/サスペンス
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン


スタッフ

監督
脚色
原作
製作総指揮
製作
撮影監督
プロダクション・デザイナー
編集
衣装デザイン
オリジナル楽曲
SFXスーパーバイザー

キャスト

俳優名役名
クライヴ・オーウェン (Clive Owen)Theo (セオ)
ジュリアン・ムーア (Julianne Moore)Julian (ジュリアン)
キウェテル・イジョフォー (Chiwetel Ejiofor)Luke (ルーク)
チャーリー・ハナム (Charlie Hunnam)Patric (パトリック)
クレア=ホープ・アシティ (Claire Hope Ashitey)Kee (キー)
マイケル・ケイン (Michael Caine)Jasper (ジャスパー)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP