兄弟仁義 逆縁の盃

“兄弟仁義”シリーズ第七作目。

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

やくざの小島は、幼い時に生き別れになった母を探して四日市に現われた。そこで彼は、剣道の達人だが、子分の女房を盗んだ養父を斬り、刑務所を出たばかりの渡世人寅次郎と知り合った。寅次郎は義兄弟岩井の許へ向う途中だった。二人は、身の上話をしているうちに、いつか友情に似たものを感じるのだった。四日市の港は荒廃していた。風間化学工場の廃液で海は死んでいたのである。工場長大倉と岩井組は浄化装置設置のため本社から送られた金を着服し、漁民の味方の巽一家と対立していた。小島はこうした現状に怒りを覚えたが、水産試験所の鶴見と知り合い、海水に対する廃液の被害の大きさを知った。一方、寅次郎は岩井の命令で巽を斬り母親のいる小倉に向った。


解説

『獄中の顔役』の笠原和夫と、梅林貴久生が共同でシナリオを執筆し、『忍びの卍』の鈴木則文が監督した。撮影は『徳川女系図』の吉田貞次。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1968)
ジャンル任侠/時代劇 
スタッフ・キャスト監督:鈴木則文
出演:北島三郎/菅原文太/遠藤辰雄


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
北島三郎小島松男
菅原文太 (Bunta Sugawara)中井信吾
遠藤辰雄鶴見太平
三益愛子おゆき
時美沙君江
桜町弘子 (Hiroko Sakuramachi)戸塚房子
大木実巽義一郎
宮園純子お光
金子信雄 (Nobuo Kaneko)岩井泰造
天津敏勘蔵
小田部通麿大倉康弘
中村錦司滝沢
鈴木金哉学生
山岡徹也
佐藤晟也銀八
阿波地大輔洋三
志賀勝蛸常
林彰太郎熊井猛
河村満和弥吉
川谷拓三ほとけの参太
秋山賢のろまの亀
宮城幸正安治
高並功為五郎
唐沢民賢石島良平
前川良三恩田伊佐吉
関根永二郎古川徳蔵
疋田圀男杉山千吉
丸平峰子お楽
星野美恵子おちか
川浪公次郎交番の巡査
那須伸太朗田島吉五郎
矢奈木邦二郎岡谷幸吉
浪花五郎周旋屋
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)相川寅次郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP