寝ずの番

名優、津川雅彦が祖父と叔父のマキノ姓を継ぎ、監督デビュー!マキノ雅彦監督、第1作は中島らも原作の人情喜劇

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

寝ずの番

上方落語界の稀代の噺家・笑満亭橋鶴が、今まさに臨終のときを迎えようとしていた。見守る弟子たち。なんとか師匠のいまわの願いを叶えようと、耳を近づけ聞き取ったのは「そ○が見たい」との言葉。一同驚きつつも、おとうと弟子・橋太の嫁・茂子を説得。茂子は師匠をまたぎ、そそをお見せした。が、師匠は言った。「わしはそとが見たいと言うたんや……」。そしてご臨終。通夜には師匠ゆかりの人々がわんさわんさと集まり、想い出話は尽きることがないのだった。


解説

マキノ姓と言われても、ピンとこない人も多くなっていると思うが、マキノ省三、マキノ雅弘といえば、日本映画界を築いた大重鎮。彼らを祖父に、叔父に持つ俳優・津川雅彦が初メガホンをとったのが本作だ。原作は中島らもの同名短編3部作。上方落語の師匠の通夜で、“寝ずの番”をする人々の人情喜劇だ。お葬式を描いた喜劇には伊丹十三監督のデビュー作『お葬式』があるが、マキノ監督の手により、ここに新たなお通夜喜劇が登場した。次から次へと繰り出される爆笑エピソードに笑いながらも、伝わってくる愛情にほんのり心が温まる。可笑しくて泣ける粋な映画の誕生だ。3代目マキノ監督のもとには、個性的で芸達者なキャストが集結。弔問客役にも豪華メンバーが名を連ねている。


公開日2006年4月8日よりシネスイッチ銀座他全国にて
配給角川ヘラルド映画
制作国日本 (2005)
ジャンルコメディ 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督:マキノ雅彦
出演:中井貴一/木村佳乃/木下ほうか


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
プロデューサー
撮影
美術
装置
装飾
音楽
音楽プロデューサー
主題歌
録音
音響効果
照明
編集
衣裳
三味線演奏
出囃子
製作担当
助監督
スクリプター
スチール
特殊造型
三味線指導
落語指導
語り指導
振付
題字

キャスト

俳優名役名
中井貴一 (Kiichi Nakai)橋太
木村佳乃 (Kimura Yoshino)茂子
富司純子 (Sumiko Fuji)志津子
長門裕之 (Hiiroyuki Nagato)橋鶴
岸部一徳 (Ittoku Kishibe)橋弥
笹野高史 (Takashi Sasano)橋次
木下ほうか (Hoka Kinoshita)橋枝
田中章橋七
堺正章鉄工所の社長
土屋久美子多香子
真由子美紀
石田太郎小田先生
蛭子能収田所
角野卓造 (Takuzo Kadono)医者
玄海竜二漁師
イーデス・ハンソン (Edith Hanson)ガイドのミリアム
梅津栄橋本さん
浅利香津代吉野さん
高岡早紀 (Takaoka Saki)バーの女
春田純一タクシーの運転手
六代目桂文枝 (Bunshi Katsura)弔問客
笑福亭鶴瓶 (Syofukutei Tsurube)弔問客
浅丘ルリ子 (Asaoka)弔問客
米倉涼子 (Yonekura Ryoko)弔問客
十八代目中村勘三郎 (Kanzaburo Nakamura XVIII)弔問客
川津春看護婦
川井つと駅員
香川けんじ漫才師A
香川まさし漫才師B
田島達也
山崎玲子 (Reiko Yamazaki)
湯浅奈央
ロバート・ボールドウィン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP