若親分出獄

『若親分』の池広一夫が監督した“若親分シリーズ”第二作目。

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

明治の末期、大浜のボス太田黒伊蔵を斬って下獄した若親分南条武は、大正天皇御大典の恩赦で六年振りに出獄した。だが武のいない間の大浜はかわりにかわり、今は九州から流れて来た中新門勇吉が政界の実力者堀越伝三郎の庇護を受けて、南条組の縄張りを奪いあくどいことをしていた。そして南条組の直次郎は、中新門の手で殺されていた。武の出獄でにわかに活気づいた南条一家は、直次郎の仇をうとうとはやったが武は獄中で悟ったヤクザ稼業の虚しさを説き、堅気になろうと宣言した。南条家に手伝に来ているお芳は、そんな武の人柄に強く惹かれる…。


解説

『若親分』の浅井昭三郎と篠原吉之助が共同でシナリオを執筆、撮影は『座頭市関所破り』の本多省三。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンル任侠/時代劇 
スタッフ・キャスト監督:池広一夫
出演:市川雷蔵/朝丘雪路/坪内ミキ子


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)南条武
朝丘雪路中津京子
坪内ミキ子お芳
山田吾一三吉
戸田皓久竹村一夫
水原浩一仙之助
千波丈太郎鈴木源吉
神田隆中新門勇吉
内田朝雄 (Asao Uchida)堀越伝三郎
石黒達也滝沢己之助
伊達三郎 (Saburo Date)白土寅太郎
守田学石渡貞七
伊東光一井野田一二
寺島雄作広田亀太郎
沖時男七五郎
高倉一郎徳三
浜田雄史小笠原大尉
木村玄銀造
津田駿加納辰次
嵐三右衛門市長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP