黒い賭博師

『現代悪党仁義』の中平康が監督した“ギャンブラー”シリーズの第六作目。

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

東京に舞いもどった氷室浩次は、以前、世話になったバー“トト”のママ時子のところに身を奇せていた。そんな時、スベニア王国大使館でレセプションが開かれ、氷室も招待客の一人として参加した。ところがこの催しは、高倉商事社長、高倉や子分でカード師の異名をもつ犬丸、その愛人玲子らが加わった大賭博会であった。氷室と犬丸の勝負は氷室の一方的な勝利に終った。その後、氷室の後を玲子がつきまとうようになった。そんなある日氷室は、賭けに負け国際賭博団マルコムの団員楊に狙われている女ニーナを助け、その場で楊に復讐戦を挑むが…。


解説

野村敏雄の原作を、「意気に感ず」の小川英と「あばれ騎士道」の中西隆三が共同で脚色、撮影は、「河内ぞろ あばれ凧」の山崎善弘。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンルアクション 
スタッフ・キャスト監督:中平康
出演:小林旭/富士真奈美/小池朝雄


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
小林旭 (Akira Kobayashi)氷室浩次
冨士眞奈美玲子
小池朝雄 (Asao Koike)犬丸
益田喜頓姉小路
横山道代 (Michiyo Yokoyama)時子
谷村昌彦花田刑事
榎木兵衛 (Hyoe Enoki)一六
野呂圭介チョンボ
玉川伊佐男高倉
天坊準北川
高橋昌也 (Masaya Takahashi)
シェーリー・ヘレンニーナ
ペドロ・フェルナンデスマリン
深江章喜中折帽の男
晴海勇三刺青の男
ゴードン・ビーコンプロレスラーみたいな男
アパナイ・Aスベニア王国大使
タラウス・ムーランスベニア王国秘書官
久松洪介スベニアガード
吉野久子モデル風の女
瀬山孝司船員A
木島一郎船員B
黒田剛船員C
押見史郎バクトA
ハッソン・ホン黒人賭博師
柳瀬志郎代貸
ザイノウラー口髯の賭博師
桂小かん高速道路係員
A・モロウス外人老夫婦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP