全身小説家 一般

作家・井上光晴の〈虚構と現実〉を、彼が癌により死に至るまでの5年間を追い描いたドキュメンタリー

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

『ゆきゆきて、神軍』(87)の原一男監督作品。「地の群れ」「虚構のクレーン」などで知られる戦後派の作家・井上光晴は、昭和52年に佐世保で文学伝習所を開いた。以後全国13ケ所に広がったその伝習所を中心に、彼は各地方で体当たりの文学活動を実践してきた。映画はその伝習所に集った生徒たちとの交流や、そして特に伝習所の女性たちが語るエピソード、文壇で数少ない交友を持った埴谷雄高、瀬戸内寂聴らの証言を通して、井上光晴の文学活動、〈生〉そのものを捉えていく。


解説

撮影準備直後、井上にS字結腸癌が発生し、いったん手術は成功するもののやがて肝臓へ転移していく。カメラは彼がその癌と戦う姿も生々しく撮り続けるが、平成4年5月、遂に井上光晴は死を迎える。映画はさらにその井上自身の発言や作品を通して語られた彼の履歴や原体験が詐称されていたということ、つまり、文学的な虚構であったという事実を、親族や関係者への取材を通してスリリングに明らかにしていく。そしてその虚構の風景を、映画はモノクロームのイメージシーンによって再現する。フィクションの映像をドキュメンタリーの中に取り入れることによって、まさに〈虚構と現実〉を生きた文学者の全体像に迫ろうとした、渾身の作品となった。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1994)
ジャンルドキュメンタリー 
スタッフ・キャスト監督・撮影:原一男
撮影:大津幸四郎
出演:金久美子/山本与志恵/磯春陽/窪田匡哉/杉山裕哉


スタッフ

監督
製作
撮影
撮影(イメージ篇)
美術(イメージ篇)
音楽
整音
照明(イメージ篇)
編集
助監督
助監督(イメージ篇)
スチール(イメージ篇)
美術協力(イメージ篇)
出演(イメージ篇)

キャスト

俳優名役名
瀬戸内寂聴
埴谷雄高 (Yutaka Haniya)
井上光晴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP