BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界 一般

ドキュメンタリーの巨匠、F・ワイズマンが描き出す世界最高峰のバレエ団、ABTの華麗なる“日常”

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)の本拠地・NY。事務室では1992年当時、芸術監督を務めていたジェーン・ハーマンが電話口でお金の交渉をしている。続いてレッスン風景。教師やコレオグラファーがダンサーたちを厳しく指導している。控え室ではバレエだけでなく「オクラホマ」や「回転木馬」などの振り付けも手がけたアグネス・デ・ミルがインタビューに応えている。再びレッスン場。「ラ・バヤデール」「春の祭典」などを練習するダンサー達。彼らを指導し、時には叱咤激励する教師や肩を落として悩むダンサーの姿をカメラは容赦なく映す。そして、ワールドツアー。ギリシャのアクロポリスで舞台は幕を開ける。


解説

本作はフレデリック・ワイズマンが1992年にABTの日常を追ったドキュメンタリー。前半にNYでのレッスン風景を、後半に本番の上演風景が映し出される。その後半で世界のトップダンサーたちの演技が、舞台上でストーリーとなり、目の前で繰り広げられるのは圧巻だ。つい最近もパリ・オペラ座の舞台裏を追ったドキュメンタリーが公開されているが、オペラ座の弱冠閉鎖的な空間に比べ、ABTは全米あるいは全世界からトップダンサーたちが目指しているバレエ団というだけあり、人種も様々でオープンな雰囲気が伺える(もちろん団員になるのは狭き門だが)。


公開日2002年9月21日よりユーロスペースにて
配給大映
制作国アメリカ (1995)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト制作・監督・サウンド・編集:フレデリック・ワイズマン
出演:アレッサンドラ・フェリ/フリオ・ボッカ/ABTのダンサーたち


スタッフ

監督
製作
撮影
第2キャメラ
サウンド
編集
撮影助手
編集助手
アシスタントサウンドエディター
タイトル
協力

キャスト

俳優名役名
アレッサンドラ・フェリ (Alessandra Ferri)
フリオ・ボッカ (Julio Bocca)
スーザン・ジャフィ (Susan Jaffe)
アマンダ・マッケロー (Amanda Mckerrow)
シンシア・ハーヴェイ (Cynthia Harvey)
ジュリー・ケント (Julie Kent)
パロマ・ヘレーラ (Paloma Herrera)
イリーナ・コルパコワ (Irina Kolpakova)
ナタリア・マカロワ (Naralia Makarova)
アグネス・デ・ミル (Agnes de Mille)
ユリシーズ・ダヴ (Ulysses Dove)
デヴィッド・リチャードソン (David Richardson)
ジョジーナ・パーキンソン (Georgina Parkinson)
マイケル・サムズ (Michael Somes)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP