その男ヴァン・ダム

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ジャン=クロード・ヴァン・ダム(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)、48歳。1990年代を席巻したハリウッド最強のアクションスターもいまや時代に取り残されていた。ギャラは急降下、出演作は劇場公開もされず、ビデオショップの片隅にひっそりと並べられるのみ。久々の大役はスティーブン・セガールに奪われる。私生活では最愛の娘に嫌われ、預金も底をついていた。全ての気力が失せた彼は、ロサンゼルスの喧騒から逃れ、故郷ベルギーのブリュッセルへと向かう。だが、休息のつもりで訪れた故郷で、とどめの一撃をくらうことに。娘の親権裁判の弁護士が、費用を早急に払わないと弁護を降りると通告してきたのだった。窮地に陥ったヴァン・ダムだったが、エージェントによるギャラの前払い交渉が何とか成功。早速、現金の引き出しに向かう。ところが、郵便局に入った途端、銃声が鳴り響き、背後のドアが閉じられる。ちょうど郵便局を襲撃した強盗の仕業だった。犯行グループは郵便局を占拠。ヴァン・ダムも人質にとられてしまう。しかも犯人の一人(ジネディーヌ・スアレム)の企みにより、犯人はヴァン・ダムであると誤認され、マスコミや野次馬が現場に殺到。だが、当のヴァン・ダムは犯人に抵抗するどころか、簡単に脅しに屈し、回し蹴りの手本まで見せる始末。アクションスターとしての力も誇りもなくした彼にできる事は、ただ無抵抗を貫くことだけだった……。


解説

「ストリートファイター」などで90年代に人気を誇ったアクションスター、ジャン=クロード・ヴァン・ダムが自分自身を演じるメタ・フィクション・コメディー。製作総指揮も務めた彼は新境地を開いた。監督は長編二作目のマブルク・エル・メクリ。「狼たちの午後」など70年代アメリカ映画に対するオマージュにもなっている。


公開日2008年12月27日より
配給アスミック・エース
制作国ベルギー ルクセンブルク フランス (2008)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
共同脚本
脚色
台詞
製作総指揮
撮影監督
美術
音楽監督
音楽
録音
編集
キャスティング
ライン・プロデューサー
プロダクション・マネージャー
助監督
カメラオペレーター
共同製作
字幕

キャスト

俳優名役名
ジャン=クロード・ヴァン・ダム (Jean-Claude Van Damme)JCVD (ジャン=クロード・ヴァン・ダム(本人役))
フランソワ・ダミアン (Francois Damiens)Bruges (ブルージュ警視)
ジネディーヌ・スアレム (Zinedine Soualem)Homme au Bonnet (気の短い男)
カリム・ベルカドラ (Karim Belkhadra)Vigile (ガードマン)
ジャン=フランソワ・ウォルフ (Jean-Francois Wolff)Trentenaire (30代の男)
アンヌ・パウリスヴィック (Anne Paulicevich)Guichetiere (窓口係)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP